濡れたスニーカーや靴を早く乾かす方法【室内編】

暮らし
スポンサードリンク

突然の雨や土砂降り、はたまた水溜まりに気付かずでスニーカーや靴を濡らしてしまった経験は誰にでもあるでしょう。

 

また、小さなお子さんがいる家庭では子供達は濡れるのが分かっていながら水溜まりなどを見つけるとスニーカーをビチョビチョに濡らして遊んでしまいます。

 

濡れてしまったスニーカーや靴を早く乾かして次の日にはまた履きたいという人も多いと思いますし、そのままではスニーカーや靴にカビなどが発生してしまって履けなくなってしまう恐れもあります。

 

そこで今回は濡れてしまったスニーカーや靴を室内で早く乾かす方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

 

スポンサードリンク

酷く濡れてしまったスニーカーは脱水機能で!


酷くビチョビチョに濡れてしまったスニーカーは洗濯機の脱水機能を使っていっきに水分を取ってしまいましょう。

 

「え~ スニーカーを洗濯機の中に入れるの!?」

 

っと驚きと敬遠したくなる気持ちも分かります。

 

ですがこの方法は凄い効果を得られるんですよ!

 

まずは読み進めて下さい。

 

 

そのまま、ずぶ濡れのスニーカーを洗濯機の中に放り込む訳ではありません!

 

用意してほしい物があります。

 

それは、捨てても良いと思っているバスタオルなどの大きめのタオルやTシャツなど靴を包むことができ水分を吸う力があるものならOKです。

 

用意ができたら、中敷きや靴紐など外せる物は外して下さい。

 

中敷きや靴紐なども包むタオル等があれば別々で包んで一緒に洗濯機の中に放り込んでしまいましょう。

 

あとは脱水機能を使ってスニーカーが吸ってしまった水分を一気に抜き飛ばしてしまいます。

 

驚く程に水分が抜けることに喜びと感動を得ることができるはずです!

 

 

※スニーカー限定にして下さい!革靴やブーツなどを脱水にかけてもスニーカー程の効果を得られませんし型崩れを起こす恐れがあります。

 

 

 

濡れたスニーカーや靴はキッチンペーパーや新聞紙で乾かす


先に洗濯機の脱水機能を使ってずぶ濡れになったスニーカーの水分の取り方を紹介しました。

 

たとえ脱水機を使ってもまだ完全ではないのでこれから紹介する方法も取り入れて下さい。

 

また、濡れてしまった革靴やブーツなどもこれから紹介する方法は大いに効果を得られますので実践して下さい。

 

用意して頂きたい物は新聞紙やキッチンペーパーなど水分を吸い込みやすい紙を用意して下さい。

 

反則技として電話帳の紙でも良いです。

スポンサードリンク

 

タオルなどの水分は吸うけれども紙に比べて乾きずらい物は避けましょう。

 

それでは順番に説明していきます。

 

 

・中敷きがある時は抜く、靴紐も外して下さい。

・スニーカーや靴の表面が濡れている場合はタオルなどで出来るだけ水分を吸って下さい。

・用意した新聞紙かキッチンペーパーを丸めて靴の中に隙間ができないように隙間を埋めるように詰め込んで下さい。

・濡れ具合にもよりますがキッチンペーパーや新聞紙が水分を吸わなくなるまで30分から1時間置きでキッチンペーパー、新聞紙を入れ替えて下さい。

・部屋の中でも風通しが良く湿度が低い場所で立て掛けて乾燥させて下さい。

・中敷きや靴紐はタオルなどで水分を十分に吸ってから洗濯バサミに挟んで風通しの良い所に吊るしておけばOKです。

 

 

上記で紹介した流れで乾かして頂ければ季節や温度の違いで多少の影響はでるかもしれませんが殆どの場合乾くはずです。

 

もし翌朝乾いていないようなら次の項で紹介する方法も試して下さい。

 

スポンサードリンク




 

 

濡れたスニーカーや靴を乾かす裏技


先に紹介した脱水機能、新聞紙を使った方法で風通しが良く湿度が低い場所で乾かせば室内でも一晩あれば十分乾きます。

 

ですが時間に余裕が無いもっと早く乾かしたいという時には下記も試して下さい。

 

 

・エアコンのドライ機能を使ってエアコンの風が当たる所で乾かす。

・ドライヤーの冷風機能を使って乾かす。(温風では素材を痛める恐れが大)

・扇風機の風を当てて乾かす

 

 

上記方法は電気代がかかりますがキッチンペーパーや新聞紙などを詰めて置いておくだけよりは短時間で乾かすことが可能です。

 

上手に両方の乾かし技を取り入れてるのも手ですね!

 

 

 

まとめ


今回は急な雨などで濡れてしまったスニーカーや靴を早くしかも室内で乾かす方法を紹介しました。

 

紹介した方法であれば室内でも早く靴の乾き効果を得られること間違いありません。

 

一晩で何とか乾かして明日にはまた履いていきたい!という場合には是非お役立て頂ければと思います。

 

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 





 

 

タイトルとURLをコピーしました