お七夜で祖父母が包むお祝い金の相場は?

スポンサードリンク

赤ちゃんが誕生してから七日目の夜にお祝いする、おめでたい行事のお七夜。

以前は両親、親戚、家庭によってはご近所の人達を招待して盛大にお祝いしていました。

しかし最近のお七夜はパパママ、祖父母で行われることが多くなっています。

 

お七夜は赤ちゃんを皆で囲みながら食事をし、命名式を行ったり、赤ちゃんが誕生して無事に七日目を迎えられたことをお祝いする行事です。

 

お祝いの席ですからお祝い金を用意するのが一般的なマナーになります。

祖父母がお七夜に招待された場合、お祝いのお金はいくら準備すればいいのか相場が気になる方も多いのではないでしょうか?

 

祖父母がお祝い金として包む金額の相場は5000円~15000円が多いようです。

産後間もないお母さんと、それに伴い忙しいお父さんがお七夜の場を用意してくれた気持ちを労い、多めにお祝い金を準備する祖父母もいるようです。

 

今回はそんなお七夜に祖父母が参加するにあたってのポイントなどをご紹介します♪

 

 

スポンサードリンク

お七夜、祖父母はお祝い金いくら包む?相場は?

お七夜のお祝い金に祖父母が包む金額の相場は5000円~15000円が多いようです。

産後間もないママ、ママの代わりに何かと忙しいパパを労う気持ちも含めて多めにお祝いを渡す祖父母もいるようです。

 

一般的には、お祝い膳のお食事代くらいの金額を包むとされています。

金額に決まりはないので気持ちを込めた金額で良いと思います。

 

お祝い金の他に手土産を持っていくのも喜ばれるのでおすすめですよ♪

手土産におすすめなのが、菓子折りであったり、これから成長していく赤ちゃんが使う物であったり、赤ちゃんのオムツやミルクも喜ばれますよ♪

 

 

お七夜、祖父母のご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋は一般的にお祝い事に使われているもので大丈夫です。

最近では、可愛らしい赤ちゃんが描かれているデザインのご祝儀袋なども販売されています。また、100円ショップでも豊富なデザインのものが販売されています。

スポンサードリンク

赤ちゃんのお祝い事ですから可愛いデザインのご祝儀袋を選ぶと良いかもしれませんね♪

 

 

お七夜、祖父母のご祝儀袋の書き方

お七夜のご祝儀袋の基本的な書き方に「お祝い」「祝お七夜」「祝命名」などがあります。

一般的な書き方で大丈夫です。

 

祖父母だからといって特別な書き方や決まりなどはありません。

ご祝儀袋のデザインで、既に印刷されている商品に関しては再度書き込む必要はありません。

名前を記入するだけで大丈夫です。

 

何を書けば良いか悩む場合は、最初から印刷されているものを選ぶと楽ですよ!

 

 

お七夜、祖父母が夫婦に伝えるお祝いの言葉とは?

お七夜に招かれ、出席した際は新米のパパママにお祝いの言葉をかけてあげましょう!

ココでは、どんなお祝いの言葉を伝えたら良いのか?ポイントをご紹介します。

 

(ポイント)

赤ちゃんが誕生したことの感動の思い、祖父母になったことでの気持ちの変化など素直な気持ちを伝えるといいですね。

また、出産で頑張ったママへの労いの言葉、これからの育児への応援の言葉、子育て中心で忙しくなる夫婦へむけた言葉など、ご自身の経験を元にお祝いの気持ちをメッセージにすることで暖かいお祝いの言葉になりますよ。

 

 

お七夜、祖父母の服装は?

お祝い事ですから清潔感のある格好が望ましいです。

祖父はかしこまったスーツとまではいかなくても、ジャケットと襟付きシャツでスッキリとした恰好で参加するのがおすすめです。

 

祖母は、セットアップやワンピースなどがおすすめですよ。

また、出産して間もないママのサポートをするのであれば、祖母はズボンのほうが動きやすいのでパンツ系のセットアップが良いかもしれませんね♪

 

 

まとめ

今回は、お七夜に祖父母が参加するにあたって、お祝い金の相場を中心に他のポイントについてもご紹介しました。

お祝い金の金額に決まりはないので気持ちの込めた金額を準備しましょう。

参加にあたっての服装なども是非参考にしてみてください。

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました