お風呂嫌いを直すコツなんてあるの!?あるんです!

ビューティー・美容

お風呂が嫌いな人って意外と多いんです!

 

でも、その嫌いをどうにか直したいと思っている人も実は多いといわれています。

 

お風呂が嫌いというよりは面倒くさいと思ってしまうんですよね!

 

ですので、この記事ではお風呂が嫌い、面倒くさいと思っている人にお風呂嫌いを直すコツ、お風呂に入ることで得られるメリットなどを紹介していきます。

 

スポンサードリンク




 

 

お風呂に入らず不衛生にすることで起こるリスク


お風呂に入らない、シャワーを浴びないということで身体を不衛生にすることで起こるリスクを紹介していきます。

 

 

・身体を洗わない、髪をシャンプーしないことで独特なニオイを発してしまい周囲の人に迷惑をかける恐れがあります。

 

・身体を洗わないことで身体(皮膚)が痒くなる。

 

・痒みから身体をかくことで皮膚に傷をつけてしまい、そこからバイ菌が入り肌が炎症を起こし皮膚病などを起こす恐れがあります。

 

・身体を洗わないことでニキビや水虫になる確率を上げてしまう。

 

 

ざっと挙げただけでもお風呂に入らず不衛生にすることで上記の様なことが身体に起こるリスクがあります。

 

また、上記で挙げたことだけとは限りません!

 

 

 

お風呂に入ることで得られる効果とメリット


お風呂に入ることは体の汚れを落とすだけと思っている人には必見です!

 

お風呂に入ることで得られる効果とメリットを下記で紹介します。

 

 

疲労回復

お風呂に入り身体を温めることで体温が上がります。

 

体温が上がるということは血流が良くなり身体の疲れがとれる、疲労回復に繋がります。

 

 

何か体力的に疲れたなと感じる時は特にシャワーでけで済まさず温かいお風呂にゆっくり浸かることをおすすめします。

 

翌朝、目覚めた時に疲れがとれ身体が軽く感じることができるでしょう。

 

 

寝つきが良くなり快眠を得られる

最近、寝つきが悪いな~ 眠りが浅いな~と感じていませんか?

 

もしこの様に感じているなら、積極的に温かいお風呂にゆっくり浸かって下さい。

 

 

寝ようと思っている時間の1、2時間程前にお風呂に入るのがコツです。

 

お風呂から上がった直後は体温が上がっていますので直ぐにお布団に入ってしまうと寝苦しくなります。

 

1,2時間経って体温が下がってくると自然に眠気が起こってきますので、そのタイミングでお布団に入れば直ぐに眠りに落ちることができるでしょう。

 

 

新陳代謝が上がりダイエット効果も望める

お風呂に入り体温が上がることで血流が良くなると説明しました。

 

血流が良くなるということは基礎代謝も上がるということです。

 

基礎代謝が上がると身体の中で起こることはカロリーの消費です。

 

ということはダイエット効果も望めるということです。

 

ですので痩せたいなと思っている人は運動や食事制限に加えてお風呂に浸かることもおすすめします。

 

 

リラックス効果

お風呂にゆっくり浸かることで血流が良くなり疲労回復、快眠が得られ、身体を洗うことで身体に着いた汗、皮脂、汚れを落とせます。

 

あらゆることでの相乗効果により心身のリラックス効果を得られることができます。

 

 

冷え性など身体の不調を防ぐ

身体を冷やすことは昔から良くないことといわれています。

 

「冷えは万病の元」ともいわれています。

 

代表例が冷え性でしょう。

 

温かいお風呂に浸かることで体の隅々、手足の先まで血流を良くすることで冷え性や冷えからくる不調を防ぐことができるといわれています。

 

また、お風呂に浸かることで発汗します。

 

汗をかくことで身体の中に溜まった毒素や毛穴に溜まった汚れなどを出すこともできます。

 

お風呂に入ることで得られる効果、メリットが分かって頂けたと思います。

スポンサードリンク

 

 

次の項ではお風呂嫌いの人がお風呂に入る習慣を身につける方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

 

お風呂嫌いがお風呂に入る習慣を身につける方法


お風呂嫌いの人、お風呂に入るのが面倒と思ってしまう人がお風呂に入る、入らなければならない習慣を身につける方法を紹介します。

 

 

運動して汗をかく

普段の生活の中に運動を取り入れてみましょう。

 

運動をすれば自然に身体は汗をかきますよね?

 

お風呂に入って汗を流さないと自分は気持ち悪いし身体は汗臭くなり周囲に迷惑をかけます。

 

ということでお風呂に入らなければならない状況になります。

 

 

ルーティーンとして時間を決めてしまう

人はやらなきゃいけない事をしないと心に引っ掛かる生き物です。

 

ですので生活の中にお風呂に入る時間を決めてしまうという方法です。

 

最初の内は自分との葛藤はあるかもしれませんが一週間もすれば習慣化することができるでしょう。

 

 

お風呂上がりでないと得られない楽しみを作る

お風呂に入り、お風呂上りでないと得られない楽しみを作ってしまうのも手です。

 

 

・帰宅してお風呂に入ってからでないと夕飯が食べれないルールを決めてしまう

 

・お風呂上りでないと美味しいと思えない食べ物や飲み物を用意しておく

 

・お気に入りのパジャマや寝具にすることで汚れた身体では着れない状況をつくる

 

 

 

お風呂で使うグッズに拘りを持つ


お風呂で使うグッズに拘りを持つことで商品から得られる結果を自分で試す楽しみを作ってみるのも手です。

 

 

シャンプーやリンス、ボディーソープ

シャンプーやリンス、ボディーソープに拘ってみるのも良い方法です。

 

正に実際に自分の肌や嗅覚で感じることができ商品を試す楽しみができます。

 

女性の人はお化粧を落とすクレンジング剤なども試す楽しみができますね!

 

 

入浴剤

入浴剤に拘るのも手です。

 

入浴剤を入れることでお風呂のお湯の色や香りから得られるリラックス効果は大ですし、湯舟に浸かり身体を温めることで得られるメリットも沢山あります。

 

入浴剤は幾つか用意しておけば、その日の気分によって変えてみることで得られる効果も変えることができるので楽しみも増やすことができるでしょう。

 

 

 

美容と健康の為に半身浴を取り入れる


お風呂の時間を美容と健康の為に半身浴を取り入れてみるのも良い方法だと思います。

 

下の画像の様にお湯の量は湯舟に半分くらいはり蓋をして浸かります。

 

肩から上は蓋から出し蓋をテーブルの代わりに使えば読書をしたりしてゆっくりと半身浴をすることができます。

 

血行促進、発汗作用などから美容と健康面での得られる効果が期待できるでしょう。

 

 

 

 

まとめ


今回はお風呂嫌いを直すコツとして身体を不衛生にすることで起こるリスク、お風呂に入ることで得られるメリット、そしてお風呂に入る習慣を身につける様々な方法を紹介させて頂きました。

 

紹介した色々な方法から、あなたに合った方法を見つけることでお風呂嫌を直すことができると思います。

 

是非共、生活に取り入れてお風呂に入る習慣を身につけて頂けたらと思います。

 

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 





 

 

タイトルとURLをコピーしました