カラスに襲われた!そんな危険を回避するには!?


「カラスに襲われた!」「カラスに襲われそうになった!」等のカラスに何らかの攻撃をされ怖い思いを経験したという人がいます。

カラスは賢いことで知られていますが、その反面ではゴミを散らかしたり人を襲ったりと悪い面も注目されています。

カラスがどんなことが原因で人を襲うのかが分かれば襲われるリスクを回避することができます。

そこで今回はカラスが人を襲う理由と危険を回避する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

カラスが人を襲う理由


カラスが人を襲うのにはそれなりの理由があります。

その理由は「巣」「餌」「復讐」の3つが代表的な理由といわれています。

それぞれを後の章で説明していきます。

カラスに襲われた!巣が原因かも!?


カラスは地域にもよりますが2月~8月に繁殖の時期を迎えます。

繁殖期には街の街路樹や公園の木、電信柱、歩道橋、家の屋根など巣作りができる場所であれば巣を作ってしまいます。

そこで卵を温め雛を育てます。

丁度その時期に親カラスは子カラスを守る為に神経を尖らせています。

カラスから見て危険を感じる人間は子カラスを守る為に襲ってくるという訳です。

ですのでカラスがいる場所を通る時はカラスの巣がないか注意して観察してみるべきです。

もし巣を見つけた場合には近寄らないようにするべきです!




カラスに襲われた!餌が原因かも!?


カラスは人間が出したゴミを散らかすことでも知られています。

カラスがゴミ集積所のゴミ袋を破って散らかすのは別に遊んでいる訳ではありません。

そうです!ゴミ袋の中の食べ物が目当てでゴミ袋を破り散らかすのです。

カラスにとっては餌になる訳ですから大事な食糧源ということです。

その餌を人間が散らかっているからとカラスがまだいる時、食事中の時に掃除し片づけようとすればカラスからすれば餌を横取りされていると思ってしまい人に襲いかかるという訳です。

ですのでカラスに襲われない為にもゴミが散らかっていてもカラスがその場にいる間は掃除はせず、いなくなるまで待ってから掃除をするようにしましょう。

カラスがゴミを散らかさないようにゴミ集積所では常にカラス除けのネットを被せておくことが大事です。

カラスは学習する生き物ですから、その場所で餌が得られないと分かれば来なくなります。




カラスに襲われた!以前に無理な駆除をしていない!?


カラスは賢く学習する生き物です。

そして記憶力が高い鳥です。

カラスは一度でも襲われたり追い払われたりすると、その人の顔を覚えているそうです。

一度記憶したことは長いと5年は覚えているそうなのでカラスを駆除しようとして襲ったり追い払ったりした経験がある人はカラスからの復讐があるかもしれないので要注意です。

スポンサーリンク

カラスの威嚇の声を知って襲われないようにしよう!


カラスの鳴き声といったら「カー カー」というイメージを持っている人が多いと思います。

ですがカラスが機嫌を損ね人に向かって威嚇してくる時の鳴き声は違います。

YouTubeにカラスが威嚇した時の鳴き声がありましたので下の動画から確認して下さい。

もし、あなたの近くでカラスが動画のように鳴いていたら危険ですので速やかにその場から立ち去るようにしましょう。

カラスに襲われた!駆除の方法とは?


カラスの巣があったりゴミ集積所にカラスが常に集まってしまい周辺住民にカラスによって危険が及んでいる場合には駆除が必要といえるでしょう。

但し、カラスは「鳥獣保護法」によって許可なく住民がカラスの駆除を行うことができません!

カラス駆除が必要な場合には管轄の行政に依頼、またはカラス駆除の業者に依頼する方法になります。

また、直接駆除を行わない方法ではあるのですがカラスの羽をカラスが集まる場所に吊るして置くとカラスが寄り付かなくなるようです。

恐らく人間によって仲間のカラスが殺されたと思い危険を察しその場所へは近寄らなくなるようです。

カラスが集まる場所にカラスの羽が落ちていたら、その羽を紐に結び付けるなどして吊るしてみましょう。

可成りの効果が期待できそうですよ!




まとめ


普段の生活の中で見かける機会の多いカラス。

雛を守る、餌を横取りされる、カラスからみて危害を加えられた、などがあるとカラスは人を襲ってきます。

今回の記事を参考にして頂き自分が気が付かないところでカラスに刺激を与えていないか?

今一度思い返しカラスが集まる場所では襲われないように注意して下さい。

巣を撤去する、ゴミ集積所のゴミを掃除する時などはカラスがその場にいないことを確認してから行うことをおすすめします。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です