夜中のミルクをやめたい!やめる方法を紹介!

スポンサードリンク

母乳と違って、ミルクは1日の量もだいたい決まっていますよね。

 

月齢も進み、また、離乳食も進んでくると、

夜中泣いて起きた赤ちゃんに、

ミルクを飲ませていいのかな?と思ってしまうと思います。

 

特に、離乳食が進んできて、食べむらもない子だと、

夕飯の離乳食もしっかり食べたのに、夜中にもあげていいものなのかな?

出来れば、夜中はやめさせたいな、と思ってきますよね。

 

ママとしても、いつまでも夜中に起こされて、

ミルクを作って飲ませるのも、ツライものですよね…。

 

ここでは、そんな悩めるママさんに、

夜中のミルクをやめるタイミングや、その方法をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

夜中のミルクをやめるタイミングは?

そもそも、夜中のミルクをやめるタイミングはあるのでしょうか?

 

実は、やめるのを考えても良い時期はあるんですよ★

 

それは、

離乳食が3回食になり、ご飯がしっかりと食べれてきたタイミング

なんです!

 

ミルクは赤ちゃんにとって、食事ですよね。

3回食が定着してきて、それにプラスでミルクをあげると、

それ以上食事を取っているのと、同じことになります。

 

もちろん、離乳食の進みって、赤ちゃんにとっても全然違います。

 

食事に興味がなく、離乳食の進みが遅い子もいれば、

食べることが大好きで、食べむらもなく、

なんでも食べられる子もいます。

 

なので、○か月からがタイミングです!というわけではなく、

お子さんの離乳食の進み方で、タイミングを見てみると良いと思います★

 

食べる子は、身体もしっかりと成長して、食事を取れていますので、

3回食が定着してきたら、ここがタイミングだな!と思ってOKですよ。

 

夜中のミルクをやめる方法

では、具体的にどのように夜中のミルクをやめるのでしょう?

 

1番のポイントは、

徐々にやめていくということです!

 

タイミングは今かなぁと思っていても、

実際に、泣いてしまっている赤ちゃんを前にすると、

ミルクをやめるなんて…と、迷ってしまったりしますよね(^_^;)

 

もちろん、急にやめるというのは、

スポンサードリンク

赤ちゃんにとっても、ママにとっても、お互い心の準備ができません。

 

今までどんなに大変だったとしても、

毎日していたものが、急になくなるのって、

赤ちゃんはもちろん、実はママも寂しいものなんですよね…。

 

早く、やめたいなぁとか思いながら検索しても、

なかなか、心の準備が出来なかったりします。

 

だって授乳って、今しかできないとっても貴重な時間ですもんね。

それが親心というものだと思います。

 

なので、まずは、ミルクの量を減らしましょう!

いきなり0にするのではなく、徐々に減らしていくということがポイントです。

 

そして、これは本当に大事なんですが、

「あと○日で、夜はミルク飲むのやめようねぇ」という声かけをしてみて下さい★

 

まだまだ喋れないし、分かってないかもしれないと思っていても、

赤ちゃんって、ママの言葉を理解しているものです。

 

実はわたしも、長女の夜泣きが酷く、夜間断乳をしたとき、

「この日が来たらバイバイだよ、あと何回寝たらね」と言い聞かせました。

この言葉によって、赤ちゃんもママも心の準備が出来ていきます。

 

そして大事なのが、1度決めたら揺らがずにやり通すことです!

もちろん、赤ちゃんはいくら言い聞かせていたとしても、

当たり前ですが、泣きます(^_^;)

 

今まで、泣けばもらえていたミルクがもらえずに、

いつも以上に泣くと思います…。

そんな姿を見ると、ママもついあげてしまいそうになるんですよね。

 

でも、それだと赤ちゃんは、ほんとうに振り回されるだけなのです…。

それが1番可哀想です。

 

なので、きちんとお互いが決めれて、準備をしていくと、

気持ちもスムーズに進められると思います。

 

とは言っても、心は折れそうになると思います(^_^;)

授乳以外で、泣きやませないといけないので、

時間もとてもかかると思います…。

 

おススメとしては、パパがお休みの前日など、

パパにも協力してもらえる日を選ぶことです。

 

2、3日もすれば、赤ちゃんは泣いて起きても、

自分で眠る習慣を、つけれると思いますよ♪

 

まとめ

寝不足で大変だし、夜間授乳をやめたいなぁと思っていても、

いざやめるとなると、迷いもでますよね…。

 

毎日のことがなくなって、寂しさもあるし、

親の気持ちで、本当にやめてもいいのかな?という気持ちもあるかと思います。

 

でも、これをきっかけにまたひとつ成長するし、

授乳以外でのコミュニケーションもあるので、迷わずチャレンジしてみて下さいね♪

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 

タイトルとURLをコピーしました