雛人形のお下がりのお祓いや供養の方法、東京・神奈川・埼玉で紹介

スポンサードリンク

母親などから譲りうけた雛人形。

 

まずはお祓いや供養をしてから…と考える人もいますよね。

 

また、もう立派に成人したり、お嫁に行った娘や、母が大切に残していた雛人形。

 

このような場合にも、供養を考えてあげましょう。

 

ここでは東京、神奈川、埼玉別にお祓いや供養の方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク

雛人形、お下がりのお祓い方法

引き継いだ雛人形は、気になるようならお祓いをしてあげましょう。

 

お祓いと聞くと神社に持ち込まなくては!?

 

と思ってしまいますよね?

 

結論から言うと、お祓いは感謝の気持ちを持てば神社などに持ち込まなくてもOKです!

 

塩で清める、汚れがあれば落とす、など自分で出来る方法には限度があります。

 

ですが… 自分の気持ち次第で大丈夫なんです★

 

雛人形は大きさや重さもあり、神社まで持ち込むとなると大変です。

 

また、日時が決まっていたりすると予定を合わせるのも大変です。

 

いまは一人に一つの雛人形をもつのが難しくなりました。

 

我が家の娘も次女には雛人形はありません…。

 

譲りうけた雛人形を飾る家庭も増えてきています。

 

しっかりと感謝の気持ちを持って、大切に引き継いであげれば大丈夫ですよ!

 

 

雛人形の供養を東京でするには?

しかしながら、もう飾らなくなってしまった雛人形…

 

そのまま処分するというのも難しいし…。

 

ずっと押し入れに置いて置くわけにもいきませんよね。

 

ここでは実際に出向いて供養をしたいと考える人に、東京都内で人形供養が出来る場所を紹介します。

 

いつでも持ち込みOK!毎日9時から18時まで。

【本寿院】
〒143-0025
東京都大田区南馬込1-16-2
℡ 03-3772-8889(年中無休)

本寿院ホームページ
関東のお骨仏 本寿院総合案内 (honjyuin.com)

 

こちらは毎日9時から18時の間、予約不要でいつでも持ち込めるお寺です。

 

人形供養の時期が決まっているお寺も多い中、いつでもOKというのは良いですよね。

 

また、実際に供養に参列したい人のために、毎月第2日曜日朝9時から公開で法要しています。

 

人形は当日持ち込みがOK!

 

その際は30分ほど前に受付をすませて下さいね。

 

有難いことに郵送受け付けも対応しています。

 

テレビ・新聞でも紹介されている有名なお寺なので、東京で探している人はぜひ参考にしてみて下さい★

 

 

雛人形の供養を神奈川でするには?

毎日持ち込み受け付け!人形供養は毎週火曜に実施!

 

【立江寺】
〒240-0026
神奈川県横浜市保土ヶ谷区権太坂3-20-21
℡ 045-713-5029

立江寺ホームページ
護摩祈願と水子供養の寺院 横浜立江寺たつえじ 波切不動尊 (tatsueji.net)

 

こちらは毎週火曜に人形供養を実施しているお寺です。

 

また、持ち込みは通年で受け付けてくれています。

 

いつでも持ち込めるのがとてもいいです。

 

ただし、持ち込みの際は、いつ持ち込むのかの予定日時を連絡してから行きましょう。

 

また、実際に人形供養の参拝をしたい人もいますよね。

 

その場合は毎週火曜に実施しています。

 

20分前から受付をしていて、当日持ち込みで大丈夫です!

 

また事前受付なしで、郵送での受付もしています。

 

神奈川で探している人は、ぜひ参考にしてみて下さい★

 

 

雛人形の供養を埼玉でするには?

毎日持ち込みOK!(一部除外期間あり)

 

【神明社】
〒359-1143
埼玉県所沢市宮本町1-2-4
℡ 04-2922-3919(年中無休)

神明社ホームページ
所澤神明社 (shinmeisha.or.jp)

 

こちらは下記の期間を除き、毎日9時から15時の間で持ち込み可!

 

除外日…神社祭礼日:

2月3日、4月21日、6月30日、9月15日

 

七五三期間:

11月1日~11月30日の土日祝

および11月14、15日

 

年末年始:

12月21日~

 

除外日はありますが、ほぼ毎日持ち込めるのが良いですよね。

 

こちらは参拝することは出来ず、神主さんの手で供養してもらう神社となります。

 

また、事前連絡をしたうえで郵送でも対応してくれますよ。

 

ぜひ自分に合う形で参考にしてみて下さい★

スポンサードリンク

 

 

まとめ

雛人形をお祓いしたり、供養したり…。

 

実際に自分がやるとなると、どうしていいか分かりませんよね。

 

ここでは、お祓いや供養出来る場所を紹介していきました。

 

現在は新型コロナウイルスの影響で、持ち込みや方法が変わっている場合もあります。

 

実際に持ち込みする際は、事前に神社に問い合わせをおススメします。

 

譲り受けた雛人形でも、供養する雛人形でも、感謝の気持ちを持って対応して下さいね。

 

また、雛人形、ひな祭りに関連した記事も書いていますので是非、読んで頂けたらと思います。

雛人形の飾り方☆おしゃれにリビングに飾る方法!
最近の雛人形はとてもコンパクト。 ケースに入っている取扱いや保管のしやすいものも増えています。 家の環境や間取りなどによっても置ける場所は変わってきますが…。 せっかくの可愛い雛人形 ...

 

雛人形は何歳から飾るのが良いの?そして年齢はいくつまで飾るの?
そろそろ雛人形も並ぶ季節になり、産まれた娘の雛人形をどうするか気になりますよね。 雛祭りは1歳未満の赤ちゃんからお祝いをするのが普通となります。 いわゆる初節句と呼ぶものです。 雛人形は一生...

 

ひな祭りの食べ物の意味や由来を知って桃の節句を楽しみましょう!
3月3日は女の子の日でひな祭り(桃の節句)で昔から普通に受け入れていた行事だと思います。 ですが、ひな祭り(桃の節句)の日に食べる物や食べ物の意味そして由来などを知らない人って意外に多いそうです。 斯く言...

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました