香典を孫が包む場合の相場はいくらなの? 以外と知らない!


誰もが経験する家族の死ですが、

祖父母が亡くなった場合、

孫の立場から香典をいくら包めば良いのか?

香典の相場について悩む方が以外に多いそうです。

親しきなかにも礼儀ありと言う言葉がありますから、

ここでは、そんな孫の立場から

祖父母への香典の相場について書いています。

スポンサーリンク

祖父母の葬儀での一般的な香典相場


孫が祖父母の葬儀で包む一般的な香典の相場を紹介します。

未成年の場合は基本は親が負担します。

しかし未成年でも学生ではなく

就職し働いている場合には1万円が相場です。

20代も1万円、30代は1万~3万円

40代~60代だと3万~5万円が相場と言われています。

香典に包む金額の幅ですが、

収入面や独身、家族を持っているのかが関係してきます。

独身と家族持ちでの相場の違い


独身の場合には自分一人ですから香典に包む金額は

20代、30代と基本1万円で良いでしょう。

ただし、結婚して家族を持っている場合には奥さんの分も

含めて一人分より多く包むのが一般的です。

孫でも香典を包まない場合がある


孫の立場でも香典を包まない場合があります。

それは祖父母と同居していた場合です。

同居していた場合は葬儀を行う側の家族になる為、

同居家族の者は香典を包む必要はありません。

スポンサーリンク

祖父母との関係によって包む金額は違うのか?


祖父母との関係とは、

例えば住んでいる場所によって生前祖父母との関わりに

差が出てしまっていた場合、

香典に包む額を変えるべきか?ですが、

この場合、祖父母との関係は距離や会う頻度は関係なく

孫は孫で同じ立場ですから

包む金額は孫同士で話合って同額で決めるのが良いでしょう。

孫一同でも良いのか?


孫同士での話し合いから香典を1つにし

孫一同というかたちにする場合があります。

その場合、

世代で金額を決めてバランスをとるのが良いでしょう。

但し、結婚している場合には孫一同ではなく

個々に香典を包む方が良いです。

注意したいこと


今回こちらで紹介した孫の立場で

香典をいくら包むのが良いのか?ですが、

あくまでも一般的な相場になります。

地域や文化、風習によって決まりがある場合がありますので

気を付けて下さい。

また、一般的に香典を包む場合は

新札を包むことは失礼になります。

何故かというと亡くなるを待って準備していたと

思われてしまいます。

お祝いの席では新札を準備する必要がありますが

不幸の席ですから新札はやめましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です