赤ちゃんは冬に暖房なしでも大丈夫?暖房器具のデメリットとは?

スポンサードリンク

寒い冬、室内での暖房は必須ですよね。

 

大人でも寒いと過ごしにくいですが、

体温調節がうまく出来ない赤ちゃんにとっては、

寒い冬の室内の温度管理は、もっとも注意したいところです。

 

また、夜寝るときも寒くて、

出来れば一晩中、暖房をつけたいときもありませんか?

 

でも、暖房のつけっぱなしって、なんだか身体に悪そうだし、

大丈夫なのかな?と思ってしまいますよね…。

 

寒いから暖房器具を使いたいけれど、

使うことでの、デメリットはあるのでしょうか?

 

この記事では、赤ちゃんに使う冬の暖房器具について、

デメリットや対策も含めて、ご紹介していきます☆

 

スポンサードリンク

赤ちゃんは冬に暖房なしでも大丈夫?

冬の寒い時期、赤ちゃんと過ごすのに、

暖房なしでも大丈夫なのでしょうか?

 

例えば、日中はずっとつけているけれど、

夜寝るときなどはどうしたら良いのか?

悩んでいるママやパパもいると思います。

 

答えはというと、

不快ではない室温で、

赤ちゃんの手足や口が冷たくなっていなければOKです☆

 

大人にとっても、寒いと感じない室温で、

なおかつ、赤ちゃんの手足が冷たすぎたり、

唇の色が変わっていたりしなければ、暖房なしでも大丈夫ですよ。

 

ただし、赤ちゃんが低体温になってしまっては困ります。

 

冬の室温の快適さは、

赤ちゃんも大人と同じくらいだと思って下さい。

 

ですので、ママやパパが寒いなと感じたら、

やはり暖房をつけたり、洋服や布団を追加したりして、

寒くならないように、注意してあげてくださいね(^-^)

 

暖房器具があたえる赤ちゃんへのデメリット

では、暖房をつけっぱなしにすることで、

何かデメリットはあるのでしょうか?

 

やはり、身体に良くないのでしょうか…?

 

暖房器具を使い続けることでのデメリットは、

残念ながら、もちろんあります(^_^;)

 

主に2つあるので、それぞれみていきましょう。

 

赤ちゃんの体温が、上がり過ぎてしまう。

赤ちゃんって、うまく体温調節が出来ないですよね。

 

そのため、暖房によって上がってしまった室温の中にいると、

赤ちゃん自身の体温も上がり過ぎてしまうことがあります。

 

低かった体温が上がってしまって、

スポンサードリンク

今度は上がった体温の熱を、

うまく放出出来なくなってしまいます。

 

熱がこもってしまうんですね…。

 

そうなると、汗をたくさんかいてしまうので、注意しましょう。

 

空気が乾燥することによって、アトピーになることも…。

わたしたち大人でも、暖房をつけっぱなしにすると、

肌が乾燥して、カサカサになったりしませんか?

 

冬は保湿を保つ為にクリームをこまめに塗るという人も多いと思います。

 

これは2人の子供がいる、我が家の話になるのですが、

乾燥が肌の水分を奪って、肌がかゆくなってしまい、

アトピーの症状を引き起こしてしまったんです。

 

わたしは母親になるまで、

乾燥から、アトピーの症状が出ることは知りませんでした…。

 

肌がかゆくなると、とっても可哀想ですし、

治るのも、時間がかかってしまいます。

夜も眠れないくらいになるんです…。

 

もし、寒くて暖房をつけっぱなしにしたい時は、

ぜひ加湿器を一緒に使ったり、

空気が乾燥しないようにすると良いと思います(^-^)

 

空気が乾燥していると、肌の乾燥だけではなく、

喉が乾燥して咳が出たり、風邪の症状も出てくるんですよね…。

 

ですので、加湿器を使うことはおすすめですよ♪

 

赤ちゃんが冬に暖房なしで過ごすための服装対策は?

暖房をつけっぱなしは、あまり良くないことが分かりました。

 

でも、やっぱり冬は寒いですよね(^_^;)

 

そんな時は、

赤ちゃんに着せる洋服を調節してあげましょう☆

 

日中はレッグウォーマーがおすすめ☆

はいはいや、たっちをする赤ちゃんには、

ズボンの上からも、重ねることが出来ます。

 

足首までのものになりますので、

タイツのように足先が隠れることもありません。

 

元気に動き回っても大丈夫(^-^)

 

ねんね期の赤ちゃんにも、もちろん使えますよ♪

 

そして、

寝る時には、スリーパーがおすすめですよ。

 

布団で調節するのは、赤ちゃんは蹴ってしまいますよね(^_^;)

スリーパーなら、カバーオールのように足首辺りまで覆われますし、

はだけてしまうこともありません。

 

風邪をひく心配も少なくなりますよ(^-^)

 

まとめ

暖房器具は、つけっぱなしもよくありませんよね…。

 

でも、暖房は、身体に良くないから絶対に使わない!

というのではなく、その都度、

室温に応じて、上手に使って下さいね。

 

熱中症と同じで、そうなってからでは遅いです。

寒いときの低体温も、同じように危険です。

 

赤ちゃんの様子を見ながら、

加湿器を併用したりして、寒い冬を上手に過ごして下さい☆

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました