上履きの名前を消す方法とにじまないように書くコツ!


入園、入学、新学期の時期になると用意しなくてはならないのが上履きです。

その上履きですが、お下がりの上履きの名前を消して再利用したい!

名前を書くのに失敗してしまった!

名前を書いたは良いがにじんでしまって見栄えが悪い!

など色々な理由で上履きに書いてある文字を消して再度書き直したいという親御さんが結構いるようです。

そこで今回は上履きに記入してある名前、文字をキレイに消す方法+文字をにじまないように書くコツを紹介します。

スポンサーリンク

上履きの名前をキレイに消すのに用意する物


何らかの理由でお子さんの幼稚園や学校の上履きの名前を消したいという時に必要な物を紹介します。

まず用意する物は下記の物になります。

・除光液(エタノールが含まれている)もしくは消毒用エタノール

・吸収力が高いコットン(化粧用)もしくは布切れ

・漂白剤もしくはカビキラー

・綿棒

・靴用洗剤

上記で紹介した物は家に無かったとしても100円ショップやスーパー、ホームセンター、薬局で購入することができます。

※除光液なら何でも良い訳ではありません必ずエタノールを含む物にして下さい!また除光液は無色の物を用意して下さい!

上履きの名前を消す方法【実践編】


それでは上履きの名前を消す方法をレクチャーしていきます。

1.エタノールを含む除光液または消毒用エタノールをコットンか布切れに染み込ませます。

2.上履きの名前を書いた部分に擦らずに叩くようにトントンしていきます。次第にコットン・布切れの方に名前を書いたインクが移っていきますから適当なところでコットン・布切れを交換し除光液を含ませてトントンするを繰り返し行って下さい。

3.除光液とコットンとで上履きの名前は良い感じで消えたと思います。それでもまだ完璧ではないと思います。

4.ここで最終段階で漂白剤もしくはカビキラーを綿棒に含ませて上履きに残ったインク部分に着けて漂白してしまいます。

5.漂白が完了したら靴用洗剤で上履きを洗えば完了です。

※臭いのある薬品を使いますので十分に換気ができる場所で行って下さい!

スポンサーリンク

洗った上履きは天日干しで更に白く


洗った上履きは必ず天気が良い日に文字を消した場所が日光によく当たるようにして干しましょう!

光漂白といって太陽の光には漂白効果が期待できます。

長年着ている黒や紺色などの洋服の肩の辺りの色が落ちてきてしまうのは光漂白が原因といわれています。

その光漂白の効果も利用して上履きの文字を消してしまおうということです。

ですので上履きを洗う時は必ず晴れている日にするようにして下さい。

上履きの名前をにじまないように書くコツ


それでは上履きの文字がキレイに消えたところで再度名前を書いていきます。

折角キレイになった上履きですから名前はにじまないように書きたいですよね!

そこで用意して頂きたい物は下記の2点です。

・油性のペン

・にじみブロックペン

上履きの名前を書きたい場所に「にじみブロックペン」を最初に塗ります。

その後に油性ペンで名前を書けばにじむことなく書けますのでおすすめですよ!

下記画像の商品が「にじみブロックペン」になります。

まとめ


今回は入園、入学、新学期に用意しなければならない上履き、その上履きの名前の消し方と再度名前を書く時ににじまないように書くコツを紹介しました。

お子さんの新たなスタートを切る時期ですから足元もキリっとキメて上げたいですよね!

是非今回の方法を参考にして頂けたらと思います。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です