車の樹脂バンパーの色あせを復活させる3つの方法


車の樹脂バンパー(黒バンパー)ですが、最近の自家用車では見る機会は殆どないと思います。

ですが、少し年式の経った車だったり商用車などで樹脂バンパーの車を見ることありますよね?

実は私の車も20年落ちの立派な黒樹脂バンパーです。

その黒樹脂バンパーの色あせをどうにかしたい!

また購入当時の黒バンパーに復活させたい!

と思っている方もいると思います。

当の私も黒樹脂バンパーを復活させたいと思っていた一人です。

私の車の黒樹脂バンパーを復活させた方法を今回は紹介していきます。

スポンサーリンク

樹脂バンパーの色あせ


車の樹脂バンパー、どうしても経年によって色があせてしまい白っぽくなってしまいます。

色があせてしまうと、いくらボディを綺麗にピカピカにしても見栄えが悪く古く見えてしまい締まりがない感じですよね?

やっぱり黒樹脂バンパーは真っ黒でこそ黒樹脂バンパーだと思います。




浸透性保護つや出し剤


カー用品を販売している店舗で多く売られているスプレー式の浸透性保護つや出し剤を使われたことがある方も多いと思います。

実際に使ってみると確かにつや出し剤が浸透して購入当時の黒が復活し艶もでます。

黒が復活し喜んでいたものの2週間位経つと再度色褪せの状態が復活してしまい残念な結果になんてことがあります。

そうなんです!

浸透性保護つや出し剤は持ちが悪いのが難点で小まめにケアしなと黒が維持できないのがマイナス点であります。

バンパーなどの外部の樹脂パーツだと日差しを浴びたリ、風雨にさらされることから浸透性保護つや出し剤は向いていないと思います。

私が思うに車の内装の樹脂パーツの保護、艶だしに向いている商品だと思います。




ワックスタイプのつや出し剤


浸透性保護つや出し剤の経験からもっと樹脂バンパーの黒を維持できるものはないかと探し求め、やっと見つけたのがワックスタイプのつや出し剤です。

車の洗車後にボディに塗る固形ワックスありますよね?

あれの黒ワックスバージョンになります。

黒ワックスは樹脂バンパーに塗り込むタイプなのでとにかく持続力が良いです。

私の車の場合、余裕で半年は持続します!

今現在、黒樹脂バンパーを黒く維持させることができるアイテムでは最強だと思います。

私が使用している「バンパー黒ワックス」は下記の画像の物になり楽天市場から購入できます。

スプレータイプの樹脂復活剤だと雨が降った翌日など復活剤が流されてしまってバンパーが再度白っぽくなってしまいますがバンパー黒ワックスは雨が降った翌日なども何ら問題無くしっかりと黒をキープしてくれるので私自身本当に助かっています。

スポンサーリンク

メラミンスポンジ


ワックスタイプのつや出し剤にも弱点があります。

バンパーなどの大きなパーツ部分は問題なく使用できるのですが、細かな樹脂パーツには向いていません。

私の車の場合だとドアノブの部分も樹脂パーツだったりします。

そのドアノブ部分を黒ワックスで塗った場合には後からタオルでしっかりと拭きとらないと黒ワックスが手に着いてしまいます。

そういったことから細かな樹脂パーツの黒を復活させるにはメラミンスポンジがおすすめです。

白いスポンジのようなもので100円ショップなどでも手に入ります。

このメラミンスポンジを水で濡らし色あせてしまった樹脂部分をこすると黒が復活します。

凄く簡単な割に効果を感じられます!




まとめ


黒樹脂バンパーと他の樹脂を復活させる為に3つのアイテムを紹介しました。

この3つを上手く使い別けることで車の内装部、外装部、そして細かな部分の樹脂パーツを黒く復活させ維持していけます。

是非、今回ご紹介した樹脂パーツの色褪せ復活方法を試して頂きカーライフを楽しんで頂けたらと思います。

車に関する記事を他にも書いていますので是非、下記からお読み頂けたらと思います。

車の住所変更に必要な書類や費用は? しないとどうなる?

夏の車内温度を簡単に下げる方法と効果的な暑さ対策!

車検切れの車を運転した場合の罰則は?違反点数や罰金その他のリスク

免許証の写真は持ち込みで!東京版これで不満解消!

ホイールのガリ傷の修理を安く済ませる方法知りたくないですか?

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です