仕事を早く覚えるコツ! 飲み込みが早い人の特徴


仕事を早く覚えられる人と中々覚えられない人とではどうしても仕事上で差ができてしまいます。

仕事が早い人、仕事がデキル人は飲み込みが早く仕事を覚えるスピードに長けています。

できれば自分もそうでありたいとあなたも思っていませんか?

今回は仕事を早く覚えるコツと飲み込みが早い人の特徴を紹介したいと思います。

是非あなたもコツを知って「デキル人」になってみませんか!

スポンサーリンク

仕事を早く覚えられる人の特徴


仕事を早く覚えられる人、飲み込みが早い人って実際にどんな人のことをいうのでしょうか?

分かり易いイメージで例えると、きっとあなたの職場にもいると思うのですが一度説明しただけや軽く説明しただけなのに十分に理解して仕事をちゃんとこなしてしまう人です。

その様なデキル人には3つの共通する特徴があります。

ここではその3つの特徴を説明していきます。

話を聞きながらシミュレーションしている

仕事を覚えるのが早い人は仕事のやり方などの説明を聞いている時にシミュレーション(予測)も同時にしてしまいます。

シミュレーションしているので説明の中での疑問点やどうしたら効率が良いかなどを考えています。

なので実際に仕事に取り掛かった時には準備ができてしまっているので何事もなく仕事をこなしてしまうのです。

同じ仕事をしている人を観察している

仕事を覚えるのが早い人は自分と同じ仕事をしている人のことも良く観察をしています。

先輩だったり同僚だったりの仕事の仕方、作業の仕方を観察してその中から更に効率の良いやり方を探り自分のやり方を作りあげていきます。

ただ先輩や同僚と同じ事をするのではなく自分だったらという意識を持って取り組むので仕事の理解力も高いです。

ですので、自分だったらどうするか?の意識を持たずに仕事をしている人とでは全然違う結果になっていきます。

失敗と修正を楽しむ

仕事を覚えるのが早い、飲み込みが早い人は仕事に取り掛かる前や仕事中にどうすれば効率がもっと良くなるかを考えていると先に説明をしました。

そうしていても失敗はしてしまうものです。

ですが失敗と修正を前向きに捉えているのでどんどん改善されていくと同時にどんどん仕事への理解が深まるので失敗が減りスムースに仕事が流れるようになります。

この一連の流れをある意味楽しんでいるので周りからは仕事の飲み込みが早いと思われるのでしょう。




仕事を早く覚えられる人のメリットとデメリット


仕事を早く覚えられる人、飲み込みが早い人は予測、観察、修正という3つの特徴ができるので仕事がスムースにこなせるということが分かったと思います。

ここでは「デキル人」といわれる人の仕事上でのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

仕事が早く覚えられる人のメリット

仕事を早く覚えられるので「即戦力」になるのが早いです。

大変ながらも様々な仕事への機会を与えられ経験できるので短い期間で多くの仕事ができるようになります。

多くの仕事を覚え理解しているので早い段階で出世し管理する側のポジションに就く確率が高いといえます。

仕事が早く覚えられる人のデメリット

仕事が早く覚えられる人にデメリットなんてあるの?っと思うかもしれませんが実はあるのです。

それは自分が与えられた仕事をこなすには何ら問題もなく周りにも評価してもらえるのですが仕事を教える立場になった時に逆効果になるケースがあります。

自分はシミュレーション、観察、修正が当たり前にできてしまいますが、それが出来ない人に教える場合に説明が不十分になってしまい仕事が上手く回らないことが起こる可能性があります。

自分の基準と相手の基準が違うことでお互いにストレスを抱えてしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

仕事を覚えるのが早い人になるには


やはり仕事をしていく中で仕事を覚えるのが早い、飲み込みが早い人にあなたもなりたいですよね?

ここでは少し意識を変えるだけであなたも仕事を覚えるのが早い人になれるコツを紹介します。

仕事を覚えるのが遅い人との違い

残念ながら仕事を覚えるのが遅い人、飲み込みが悪い人はいます。

その様な人は与えられた教えられた仕事をそのまま行ってしまいます。

自分で効率良くする為に修正や改善をする意識がないので仕事が遅いままになってしまいます。

仕事を覚えるのが早い人「デキル人」は予測、観察、修正を積極的に自分で行っていくので仕事への理解が深まり周囲には飲み込みが早い人と印象を与えます。

話の段階でイメージをする

とにかく仕事をする際に話の段階、説明の段階で実際に働く自分をイメージしながら話を聞く癖をつけましょう。

試してみると分かりますが頭で理解するよりイメージ作りをしっかりした方がずっと理解が深まりますし実際に仕事を行った時にスムースに行うことができますよ!

分からない事をそのままにしない

仕事を行う中で分からないことや疑問に思うことが起きた時には直ぐに調べるか分かる人に聞くようにして下さい。

直ぐに実行し解決しないと仕事が止まってしまいます。

仕事を覚えるのが早い人は分からないこと疑問に思う点の対処も早いです。

いきなり分かる人に聞くのではなく先に自分で調べる癖をつけましょう。

効率を考えてある程度自分で調べても分からない場合には人に聞くことにしましょう。

分からないことを分からないままにしておくことは絶対に止めましょう。

絶対にやってはいけないのが自分が分からなく出来ない場合に誰かがやってくれる的な考えは一番最悪だということを肝に銘じておきましょう!

自分ならどうするか観察する

先輩や同僚が同じ仕事をする際に自分ならどのようにするかを考えながら観察する癖をつけましょう。

仕事を覚えるのが早い人は最初は自分よりデキル人を観察し真似をします。

そこから更に改良点を見出し自分のやり方を生み出すのです。




まとめ


仕事を早く覚える、飲み込みが早い人になれれば職場でのあなたの評価はアップするでしょう。

そうなる為には今回の記事で紹介した「シミュレーション」「観察」「修正」を意識し実行していくことです。

仕事が「デキル人」になれば職場での人間関係、お給料、出世へと将来に繋がる幅が広がりますから是非目指してみてはどうでしょうか!

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です