大久保にある皆中稲荷神社に参拝!宝くじが当たる神社って本当?


誰もが一攫千金を夢見て一度は購入したことがある宝くじ!

年々当選金額が上がってきていることから購入者が益々増えているといわれています。

折角、一攫千金を夢見て購入した宝くじ、当選の確率が上げられる神社があるとすれば行かない訳にはいきませんよね?

そこで今回は宝くじの神様で有名な大久保にある【皆中(かいちゅう)稲荷神社】を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

皆中稲荷神社が宝くじが当たると言われる理由は?


皆中稲荷神社で参拝すると宝くじが当たると言われる理由を知りたくないですか?

それは、時を遡って江戸時代に起きた事から来ています。

皆中稲荷神社のある大久保、住所でいうと新宿区百人町は江戸時代に徳川家康が鉄砲組百人隊を駐屯させた場所ということから百人町と名がつきました。

JR大久保駅の改札を出た道路沿いの壁にも鉄砲組百人隊の壁画が描かれています。

当時、鉄砲組の隊員の1人が射撃の的中率を上げるために日々練習をしていたのですが中々上手く的に的中することができず悩んでいました。

ある晩、寝ている枕元にお稲荷さんが現れ霊符を示しました。

翌日、男は近くにあるお稲荷さんが祀られている皆中稲荷神社にお参りに行ったところ参拝直後から射撃の腕が上がり的に百発百中当たるようになりました。

その話を鉄砲組の仲間達が聞き、皆中稲荷神社にお参りし霊符を授かったところ鉄砲組の皆が的に百発百中するようになったということです。

皆中稲荷神社の「中」は「中る(あたる)」とも読むことから「皆中(かいちゅう)」が「みなあたる」といわれるようになりました。

現在に至ってはその的中率の御利益に授かろうと宝くじを購入した人がお参りしたところ高額当選者が続出していることで有名な神社です。




皆中稲荷神社ってどんな所か画像で紹介


皆中稲荷神社の入り口

入っていくと「開運稲荷大明神」ののぼりがずら~と出迎えてくれます。

続々と参拝される人々が訪れていました。

多くの方が絵馬に願いを託していました。

もちろん絵馬に描かれている絵は「的中」です!




皆中稲荷神社でしか手に入らない宝くじ当選お守り


拝殿の横には社務所があり数々の宝くじ当選お守りが売られています。

その中で一番人気といわれているのが宝くじを入れておく「宝くじ入れ」800円です。

この宝くじ入れが当選確率を上げてくれるともいわれています。

自分用に購入する人が殆どですが中には友人知人、家族用に購入される人もいるようです。

他にも宝くじ当選率アップが狙えるお守りが販売されています。

絵馬に描かれている「的と矢」のロゴが全ての物に入っています。




皆中稲荷神社の的中絵馬の内容を見て下さい!


宝くじ当選を夢見る参拝客が多く訪れる皆中稲荷神社、ちょっと絵馬に書かれている内容を見てみるとやはり皆さん書いてます!

あまりにも具体的、欲望丸出しな内容だったのでシンプルな内容以外はモザイク入れさせて頂きました。(笑)

参拝に行かれた際には是非あなたの目で見て下さい。

スポンサーリンク

皆中稲荷神社の御朱印


折角、大きな後利益が得られるかもしれない神社であれば御朱印もお願いしたいですよね?

ですが、残念ながら現在は御朱印の頒布はしていないそうです。

また、再開の予定も現在ではないそうです。

※2019年9月現在

皆中稲荷神社の公式ホームページで状況確認できます。




皆中稲荷神社へのアクセスと受付時間


住所:東京都新宿区百人町1丁目11-16

礼所受付時間:9時~17時 参拝は24時間できます

電車で行かれる場合:

JR山手線:新大久保駅から徒歩1分

JR総武線:大久保駅から徒歩2分

車で行かれる場合:

車で行かれる場合には皆中稲荷神社には参拝者用の駐車場はありません。

近くのコインパーキングを探して駐車するようになります。

街全体が道が狭く人も多いので車で行かれるのはあまりおすすめしません。




皆中稲荷神社の参拝前後に宝くじ購入するなら


もし皆中稲荷神社に参拝に行く前後に宝くじを購入したい場合にはJR総武線、大久保駅前に宝くじ売り場があります。

一応ですが宝くじの当選確率が高い条件の1つの南向きにある売り場はクリアしています。

購入した宝くじを皆中稲荷神社オリジナルグッズである宝くじ入れに保管し部屋の北西の静かな場所に置いて高額当選を待ちましょう!

大久保駅前の宝くじ売り場




まとめ


今回は参拝すると宝くじの高額当選率が上がるといわれている大久保にある皆中(かいちゅう)稲荷神社を紹介しました。

江戸時代から的中の神様と言い伝えられてきた皆中稲荷神社、宝くじ高額当選の御利益を頂きに是非参拝に行かれてはどうでしょうか。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です