一人暮らしでの帰省、ストレスが溜まる原因と対策!

一人暮らしでの帰省、ストレスが溜まってモヤモヤすることありませんか?

帰省時に、ストレスが溜まる原因とその対策について、事前に知っておいてストレスが溜まらないようにしたいですよね!

帰省をしたけれどストレスが溜まってしまって、せっかくの帰省をリラックスすることができない!

あなたは、楽しめてないな〜と感じてしまって悩んでいたりしませんか?

この記事では、一人暮らしの人が帰省した時にストレスが溜まる原因と対策についてご紹介します!

もし、あなたが帰省時にいつもストレスを溜めてしまう場合には、この記事を参考にしてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

一人暮らしの久々の帰省・・・・ストレスが溜まる原因とは?

私は大学時代、埼玉県で一人暮らしをしていました。

夏休みには帰省することも多かったです!

当時はというか今もですが、家族好きで夏休みや年末年始には必ず帰省していました。

でも、帰省しても北陸の田舎出身なので、やることが無さすぎて時間を持て余してしまいました!

「こんなに長い時間、帰省しなくても良かったな」と思ってしまった時がありました!

また、実家にいても最初の内は良いのですが、段々と両親は口がうるさくなりストレスが溜まった!!

なんて経験が何度もあります(笑)

 

帰省時にストレスが溜まる原因とはどんなことでしょうか?

下記で紹介していきます。

 

  • 両親と長い時間を過ごし、口を出される、世話を焼かれる。

両親から離れて一人暮らしを始めている方なら、必ずこんな経験はあるはず!

 

例えば、食事のタイミングなどに世話をやかれたり、

口うるさく言われると「ストレス溜まる!!」と思ってしまう。

その結果、帰省がいい思い出でなくなってしまいます…。

 

  • 地元でのストレス発散の場所がなくて、暇な時間を過ごしてしまう

地元での時間の潰し方は、とても大切!

行くところも限られていると、時間があまりすぎてしまいます。

 

 

  • 自分の自由な時間が少なくなる

自分のペースで生活ができなくなってしまう。

 

  • いつもの一人暮らしとは違うペースで、疲れてしまう。

家族に合わせて過ごさなくてはいけなくなる・・・というストレスはありますね!

 

  • 行動の制限をされる

自分の行きたい場所にも、自分の車がないので運転できず行けない!

など、とても不便に感じました。

 

帰省の際には、ストレスが溜まらないようにしたいですよね!

 

 

 

スポンサーリンク

帰省したときストレスを溜めない事前対策

帰省をした時に、「暇になってしまったなぁ〜」

「もっと友達と会う約束を入れておけばよかったな〜」とか後悔した経験はありませんか?

そうならない為にも、必ず同級生で集まる会を計画したり、親しい友人と会ったりする約束を事前にしておいてくださいね!

帰省する時にしか会えない友人と会うと、昔の学生時代に戻った感覚になって楽しく嬉しいですよね。

友人と会うなら自宅ではなく、街の小洒落たカフェなどに行って帰省の時間を楽しんでみて!!

私は、できるだけ帰省時には予定を立てて学生時代の同級生に会ったり、美味しいレストランに行ったりしました。

暇になりすぎないように、予定を入れておくのがオススメです!

 

 

 

できるだけ短めの滞在を心がけて!

帰省するたびに心がけているのは、

「できるだけショートスティ」にすること!

 

長々と実家で過ごしてしまうと飽きてきてしまうし、訪れる場所もなくなってしまいます。

自由な時間を持て余すなんてもったいない!!

スポンサードリンク

 

正直、暇になるくらいなら、バイトして稼いでいた方がマシだと私は思います(笑)

 

そこで、帰省の時間は2泊3日、長くても4泊5日で終えるようにするのがベストだと思います。

自分の好きな時間に、好きなことができるということはとても大切です!

 

時間を有効に使えるように、滞在時間も工夫してみてください。

 

私は、絶対に1週間以上の帰省はしませんでした。

なぜならズバリ、両親と喧嘩をするから!(笑)

喧嘩をして、険悪な雰囲気で終わるよりかは、できるだけ衝突が起きない短い滞在にしておいた方が吉ですよ!

 

 

 

帰省時には何か没頭できるものを見つけて!

帰省するのに一番の目的は家族に元気な姿を見せることだと思います。

ただそれだけの帰省だと、ボーッと過ごして終わりなんてこともあり得ます。

家族なら夕食やその後寝るまで、ずーっと一緒に過ごすことができます。

 

そればっかりでは、飽きてしまいますよ!

 

もちろん帰省の目的は家族と会って、ゆっくりとした時間を過ごすことでもありますが、

料理やショッピングなど、自分の時間を楽しむことも重要です!

 

もし、あなたが料理が好きなら自分の作りたいものを作って家族に食べてもらう。

 

ショッピングが好きなら好きな物を買ってテンションを上げましょう!

 

帰省していても、自分のしたいことをしないと気分は上がりませんよね!?

 

ストレスを溜めないために、私は帰省時に実家の軽トラックを借りてまで遊びに行きました(笑)

 

下記に私が帰省した時にストレスを溜めないようにしたことを紹介しますので、参考にして下さい。

 

  • 自分の自由な時間は、自分のしたいことをする

実家の両親は共働きなので、自家用車が日中はありませんでした!

ただ、唯一軽トラックがあったので頑張って運転しましたよ(笑)

 

外出できるだけでも気晴らしになるので、運転をしてリフレッシュできました!

 

  • 帰省時に友人、彼氏、彼女を連れて行く

これはできたらですが、友人、彼氏、彼女を連れて帰省する。

 

私は大学時代に今の主人と既に付き合っていたので帰省時には一緒に着いてきてもらっていました!(笑)

 

彼氏がいると、一緒に出かける楽しみもできるし、何より暇をしないのでよかったですよ!

彼がいれば地元を案内する時間もあるし、両親との喧嘩も避けられますね!

 

現在は、私もママになったので孫の顔を見せに行くという目的があるので丁度良かったです!

 

でも子供を出産した現在も、2泊3日以上は超えないようにしています。

それ以上になると、両親と喧嘩してしまうので…。

 

家族との円満な関係を続けるためにも、帰省時のストレス解消法を参考にしてくださいね!

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

帰省時にストレスを溜めないために、原因と対策について紹介しました。

参考になりましたでしょうか?

 

両親が口うるさい、自由な時間が無い!などが原因で帰省時にストレスが溜まってしまう!

そんな悩みがある場合は事前に友人と会う約束をしたり、ショッピングや料理を楽しんだりしてみてください!

 

帰省時でも、自分の自由な時間を楽しんで過ごしてくださいね!

 

一人暮らしで実家の家族と離れて暮らすということは寂しいものです。

でも帰省時には何故かストレスが溜まるのも事実です。

ですので、自分に合ったストレスが溜まらない方法を事前に考えておいて、楽しく有意義に過ごせるようにしてくださいね!

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました