シンクが乾くと白くなる!そんな水垢を市販品で簡単キレイに!

スポンサードリンク

毎日キッチンのシンクは掃除しているのに乾くと白くなってしまう!

 

最初の頃のピカピカに輝くシンクに戻したいと思っていませんか?

 

実は簡単に復活できるんですよ!

 

今回は乾くとシンクが白くなる!そんな水垢汚れを市販の製品で綺麗に簡単に復活させる方法を紹介していきます。

 

スポンサードリンク




 

 

スポンサードリンク

どうしてシンクは乾くと白くなるのか?


毎日キレイに洗い掃除をしているのに乾くと白くなってしまう台所のシンク、何故でしょうね?

 

それは水跡といわれる水垢です。

 

シンクは当然のことながら水道水を使います。

 

水道水にはカルキとカルシウムが含まれています。

 

シンクに付いた水道水が蒸発するとカルキとカルシウムはシンクに残ってしまいます。

 

そのカルキとカルシウムが蓄積されできてしまったのが水跡といわれる水垢です。

 

お風呂場のメッキ部分や鏡も濡れている時は綺麗なのに乾くと白い汚れが出るのと同じです。

 

 

 

シンクが乾くと白くなるのはアルカリ性の仕業!


キッチンのシンクが乾くとできる白い水垢の成分はアルカリ性なのをご存知でしょうか?

 

そのアルカリ性の白い水垢を落とすには酸性の洗剤を使うと簡単に落とすことができます。

 

その酸性の洗剤が何なのか?

 

それは市販の物で購入が可能なのか? 気になりますよね!

 

次から紹介していきます。

 

 

シンクが乾くと白くなるを綺麗にする市販製品は?

キッチンのシンクが乾くと白くなってしまう、そんな水垢を落とす酸性の洗剤は!

 

テレビCMでもお馴染みのキンチョーから販売されている

 

【ティンクル】です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【キンチョウ】 水回り用ティンクル 防臭プラス 300ml 【シンク・流し台回り】
価格:312円(税込、送料別) (2020/7/29時点)

スポンサードリンク

 

ティンクルはお酢の成分が入った酸性洗剤になります。

 

水道水のカルキ、カルシウムはもちろん食器洗いの洗剤カスなどの成分も分解することから長い間蓄積されてできた頑固な白い水垢汚れを洗い落としてくれます。

 

私の家のシンクも恥ずかしいほどに白かったのがピカピカに復活してくれまさした!

 

※お酢のにおいが苦手な人には向いていないかもしれません。

 

スポンサードリンク




 

 

シンクの白い水垢汚れに期待外れだったもの


今までティンクルに出会う前にシンクの白い水垢汚れを落とすのに良いというものは一通り挑戦してみました。

 

ですが、結果期待外れだったので挑戦しても期待薄なものを紹介します。

 

我が家のシンクの汚れが酷過ぎたのかもしれませんが紹介しておきます。

 

・クリームクレンザー

・クエン酸(オキシクリーン)

・ハイホーム

・メラミンスポンジ(激落ちくん)

・キッチンハイター

 

上記を試してみましたが残念な結果でした。

 

そんな数々の失敗の後にティンクルを試したところ我が家のシンクは輝きを復活させることができたのです!

 

この商品だけはず~と無くならないでほしいと思っております。

 

 

 

まとめ


今回はキッチンのシンクが乾くと白くなる、その原因の水跡(水垢)を市販品のティンクルで綺麗に落とす方法を紹介しました。

 

やはり白くなってしまって輝きのないシンクはいくら綺麗に洗い掃除をしてても何か気になってしまうものです。

 

もし、あなたが同じ様にシンクをピカピカに復活させたいと思っているのならティンクルを試してみる価値はあると思いますよ!

 

シンクが綺麗になればお皿洗いも楽しい時間になりますね!

 

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 





 

 

タイトルとURLをコピーしました