カーペットの臭いが取れない!なら重曹水で消臭と掃除しませんか!


な~んか部屋が臭い! 臭うな~ って思い臭いの原因を探ってみたらカーペットが臭かった!なんてことありませんか?

いっそのこと洗って晴れた日に天日干ししたいけど、それができないのがカーペットです。

では、そのカーペットの臭いを消すにはどうしたら良いのでしょうか?

そこで今回は重曹を使ってカーペットの嫌な臭いを取る方法を紹介します。

スポンサーリンク

カーペットから発する臭いの原因とは?


カーペットから発する嫌な臭いの原因が何だか分かりますでしょうか?

臭いの原因は生活臭ともいえるでしょう!

カーペットの上は当然ながら人が歩きます。

常にキレイな足の状態で歩く訳ではないですよね?

外から帰ってきて靴を脱いだ状態、そう靴下やストッキングなど靴の中で蒸れた状態のままカーペットの上を歩きますよね?

夏場など素足でいる状態の時も汗や皮脂などが皮膚から出ている状態でカーペットの上を歩きます。

また、食事やお菓子を食べた時などに目に見えないような小さなカスなども実はカーペットに溜まっていきます。

マメに掃除機をかけていて見た目はキレイな状態でも汚れは溜まっているのです。

汚れが溜まれば菌が発生します。

その色々な物の菌が混ざって雑菌となり臭いを発生するのです。




カーペットの臭いを取るには重曹がおすすめ!


マメに掃除機をかけているのにカーペットが臭ってしょうがない!

臭いを消し取りたいという時に役に立つのが重曹です。

重曹には消臭効果があります。

臭いの原因になる雑菌は酸性物質になります。

重曹は弱アルカリ性で酸性の嫌な臭いを消す効果が実証されています。

また、重曹にはカーペットの奥に入り込んでいる埃や細かなゴミなどを浮き上がらせる効果もありますので消臭と掃除の一石二鳥の効果が期待できるという訳です。




重曹は何処で買えるの?


カーペットの臭いを消し取るのに重曹をおすすめしていますが、適量な重曹を何処で購入するのが良いのかを紹介します。

カーペットの大きさがあまり大きくないのであればダイソーやキャンドゥなどの百均で350g~500gの量の重曹を購入するのが良いでしょう。

大きなカーペットの臭いを取りたい、またカーペットだけでなく食用としても重曹を使いたいという場合には重曹でも「食用」と記載されている1㎏~2㎏の重曹をスーパーやドラッグストアーで購入するのが良いでしょう。

ちょっと重いのが嫌だなと思う場合には通販でも購入することができますよ!

掃除や食用などで年中重曹が必要という場合には業務用の25㎏の重曹も楽天やアマゾンなど通販で購入することも可能です。

しょっちゅう重曹を使うのあれば断然お得です!

スポンサーリンク

カーペットの臭いを重曹で取るやり方


ここでは実際にカーペットの嫌な臭いを重曹を使ってどうやるのかを紹介します。

臭いが弱い場合と臭いが強い場合の2パターンを紹介していきます。

カーペットの臭いの消し方【弱臭編】

臭いんだけど、まだそれほどまで強い臭いでないカーペットの臭いを重曹で消し取る方法を紹介します。

用意するものは「重曹」「スプレー式容器」「ゴム手袋」です。

・ぬるま湯250mlに対して重曹をスプーン大さじ一杯の割合で混ぜて重曹水を作りスプレー式容器に入れて下さい。

・重曹水をカーペットにスプレーします。

・スプレー後にゴム手袋で埃と細かなゴミをかき集めます。

・カーペットが乾いたら乾燥して残った重曹の粉を掃除機で吸い取り終了です。

カーペットの臭いの消し方【強臭編】

・カーペットの臭いが強い場合には直接重曹の粉をカーペットに撒きます。

・重曹を撒いたら一晩おいといて翌朝掃除機をかけ重曹を吸い取ります。

※重曹を直接カーペットに撒くと色落ちする恐れがあります。

ですので、いきなり全体ではなく目立たない所で色落ちしないか一晩テストして大丈夫であれば全体を行って下さい。

何かトラブルが発生してからでは遅いので心配であれば重曹水を使った臭いの消し方を数回行うことをおすすめします。




まとめ


カーペットの臭いを重曹を使って消し取る方法を紹介しました。

今までカーペットの臭いを消したいけどどうしたら良いのか分からなかった!

重曹を使ってどうやって消すのか分からなかった!

という人は是非試して頂けたらと思います。

また、関連記事で

カーペットやラグの染み抜き方法【コーヒー編】

も参考にして頂けたらと思います。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です