彼、彼女の無職期間・別れを考える?


次の転職先を決めずに会社を辞めてしまい

転職活動に苦労するケースがあります。

つまり無職期間が長くなってしまう

場合があるということです。

もし、あなたの彼や彼女が次の転職先を決めずに

会社を辞め無職になってしまった場合に

無職期間の長さによっては別れを考えるかもしれませんよね?

今回はそんな無職期間について

一般的な彼氏、彼女の立場だったら

どう考えるかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

転職先を決めてから辞める


普通に考えたら次の転職先を決めてから

仕事を辞めるというのが一般的な流れです。

直ぐに次が決まるだろうと安易な気持ちで

辞めてしまうと余程の資格や実績を持っていない限り

直ぐに仕事に就ける保障はありません。

無職期間があると求人に応募しても

書類選考、面接等であまり良い印象は与えないでしょう。

病気療養などやむおえない事情がない限り

パートナーには無職期間を作らずに働いて欲しい

というのが誰もが持つ本音ですよね。




充電期間と言う名の無職期間


前職で精神的、体力的と疲労困憊してしまった場合、

ある程度の期間の休憩が欲しいのは分かります。

ですが充電期間だからといって仕事探しもせずに

ダラダラと過ごしていてはパートナーとしても

我慢の限界を向かえてしまいますよね。

あまり無職期間が長くなると実際のところ

社会復帰が難しくなるし先が決まっていない不安から

精神的に不安定になる恐れがあります。

また、無職期間が長くなっているのに

不安を感じていないパートナーだったら

将来が危ないかもしれませんので、

今後のことを考える必要があると思います。




ブランクをどう考えるか


何か資格を取るとか将来自分で起業するための

準備期間だとか何かしらの目標があっての

ブランク期間なのならパートナーとして応援できますが、

そのような目的がなくブランク期間が長くなるのは

就職活動するにもブランク期間をどう過ごしてきたのか?

確実に面接で聞かれることだと思いますし、

応募企業にもマイナスなイメージしか与えないでしょう。

スポンサーリンク

失業保険が見極め


一般的に会社勤めをしていた人なら

社会保険に加入していたはずなので

会社を自己都合で退職した場合には3ヶ月後から

失業保険の受給を受けられます。

受給期間内に次の転職先が決まるか決まらないかが

パートナーとの今後付き合っていくか、いかないかの

見極め期間になる人が多いそうです。

失業して直ぐに次の仕事が決まる人は稀ですから

それなりの時間はかかるものです。

しかし、受給期間中に次の就職先が決まらないとなると

やはり自分のパートナーは大丈夫なのか?

不安になりますよね。

そういったことからも、

失業保険の受給期間失効までが

パートナーとしての見極め期間でもありそうです。




相手の意欲次第


パートナーの無職期間、

転職期間に期限を決めてしまうのは難しい場合もあります。

転職活動中にアルバイトなどをしつつ

正社員で働く意思もあり就職活動もしているのに

中々決まらないのであれば期限などを設けず

応援してあげようと思う人も多いようです。

きっと転職活動している本人が一番辛い訳ですから

パートナーが応援してあげることが大きな心の支えに

なると思います。




まとめ


現代では昔とちがって就職した会社で定年まで

働くということは難しくなっています。

彼や彼女が転職するのも

当たり前に起こることですし、

無職期間ができてしまうことも有り得ることです。

そんなパートナーが無職になり転職活動を

頑張っている時は応援してあげるのは

パートナーにとって大きな力になることでしょう。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です