瓶の蓋が固くて開かない!握力の無い女性でも簡単に開ける方法


瓶の蓋が固くて開かない!なんてことありますよね!

しかも大体が食事をする時、飲食の時に起こりませんか!?

ジャムの蓋が開かない!瓶などのボトルの蓋が開かない!などなど

女性の力、握力では難しい場合があります。

そこで今回は握力の無い女性でも簡単に固くて開かない瓶の蓋を開ける方法を紹介します。

スポンサーリンク




蓋を固定して本体を回してみる


通常は瓶などを開ける場合には蓋を回して開けますよね?

それで固くて開かない場合には蓋を固定して本体を回してみて下さい。

元々、男性に比べたら女性の握力は弱いものです。

小さな蓋を回すのには指だけに力が必要になります。

そこで逆の法則を試して下さい。

蓋は利き腕でない方の手で固定して利き腕の手は瓶本体を手のひら全体で包み込んで回してみて下さい。

手全体の力を使えるので案外簡単に開けられますよ!

瓶の蓋の淵を叩く


スプーンや栓抜きなどで蓋の淵周りを叩いてみて下さい。

瓶と蓋の溝部分が固着してしまっている可能性があります。

固着部分に衝撃を与えることで固着部分を離してあげることで開けやすくなります。

あまりにも強い力で叩くと蓋が変形してしまい、余計に開かなくなってしまう恐れがあるので程々の力で叩くようお願いします。

瓶の底を叩く


瓶の蓋を叩く原理と同じなのですが瓶の底を叩いて蓋側に衝撃を与え固着を取る方法です。

瓶を逆さにし段ボールなどのある程度衝撃を吸収する物を下に引いて下さい。

柔らか過ぎる物、座布団などでは衝撃を吸収し過ぎてしまうものはダメです。

瓶の底側にはタオルなどをあてて手をグーにして瓶底の周りを叩いてみて下さい。

手をグーといっても殴るイメージではなく肩たたきの感じでトントンするイメージです。

瓶蓋を叩くよりも以外と蓋に衝撃を与えることができます!

輪ゴムを利用して蓋を回す


この方法は知っている人も多いと思いますが紹介しておきますね!

それは輪ゴムを利用する方法です。

家に輪ゴムがあると思います。

太目の輪ゴムがあればベストですが無い場合には細い輪ゴムを幾つか利用することで大丈夫です。

瓶の蓋に輪ゴムを巻いてグリップ力を付けて下さい。

そうすることで女性の弱い力でもグリップ力は上がりますので簡単に瓶の蓋を開けることが可能になります。

スポンサーリンク




ゴム手袋で簡単に蓋を開ける


これは輪ゴムよりも実は簡単に固い瓶の蓋を開けられてしまう方法です。

それはゴム手袋をはめて瓶の蓋を開けてみて下さい。

ゴム手袋をすることで輪ゴムよりも更にグリップ力が上がります。

グリップ力が上がれば上がるほど弱い力で蓋が開けられるようになります。

ゴム手袋なら大体の家にあるものですから是非試して下さい!

上手に開けるコツとしては両手にゴム手袋をして蓋と瓶底側をしっかりと掴んで回すことです。

上下にグリップの力が加わることで簡単に開きますよ!

タオルを利用して蓋を開ける


よく固い蓋を開ける時にタオルを利用して開けることがあります。

それで開いてしまえば解決なのですが、それでもダメな場合にはもう一工程加えてみて下さい。

それはタオルを濡らすことです。

濡らしたタオルはしっかりと絞って下さいね!

乾いたタオルよりも濡らしたタオルの方が手にかかるグリップ力も蓋側にかかるグリップ力も増します。

グリップ力が増すことで余計な力を必要とせず楽に固い蓋を開けることが可能になります。

タオルを利用するもう一つの方法も紹介します。

それはタオルをお湯で濡らし少し熱いお絞りのようにします。

そのタオルで瓶の蓋を覆って少し放置して下さい。

蓋に熱を加えることで蓋が膨張し瓶と蓋の溝に空間が生まれます。

溝に空間ができることで楽に蓋が開けられるようになるでしょう。

瓶蓋オープナーを買う!


大体が固くて開かない瓶の蓋問題が起きている時には今必要な状況なんだと思います。

取り敢えず先に紹介した方法を試して頂ければ解決できるはずです。

そこで今後の備えとして用意しておくと便利なのが「瓶蓋オープナー」を買っておくことです。

庶民の味方100円ショップでも購入は可能なので購入しておくことをおすすめします。

まとめ


今回は固くて女性では開かない瓶の蓋を簡単に開ける方法を紹介しました。

如何でしたでしょうか?

いくつかの方法を紹介しましたので1つ挑戦してダメでも諦めず試してみて下さいね!

大抵どれかの方法で開けることができますから!

それでは無事に瓶の蓋が開けられるよう成功をお祈り致します!

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です