サーフボードのデッキパッドの剥がし方・簡単キレイに誰でもできる!

スポンサードリンク

サーフボードに貼ってあるデッキパッド、元々貼っていたデッキパッドの一部が剥がれてきてしまった。

 

デザインが飽きてきたので新しいのに貼り換えたい。

 

もうデッキパッドは必要無いので剥がしたい。

 

など、人それぞれデッキパッドを剥がす必要がサーフィンをやっているとあると思います。

 

そこで今回はサーフボードに貼ってあるデッキパッドを誰でもキレイに簡単に剥がす方法を紹介します。




スポンサードリンク

サーフボードのデッキパッドを剥がすのに必要な道具


デッキパッドをキレイに剥がすのには幾つか必要な道具があります。

 

道具といってもサーファーなら誰でも持っている物ですので安心して下さい!

 

それは下記の3点です。

 

・キッチンペーパー

・ワックスリムーバー (液体スプレー)

・スクレイパー(ワックス剥がし)

 

 

もしですがワックスリムーバー(液体スプレー)が手元になく購入する場合には無臭の物をおすすめします。

 

窓を開けて十分に換気をしていても臭いのあるワックスリムーバーだと部屋中に暫くの時間臭いが充満してしまいます。

 

けっして心地よい香りではないので新たに購入するのであれば無臭のワックスリムーバーがおすすめです。

 

私も丁度ワックスリムーバーが切れていて楽天市場にて一番安く販売していた店舗で購入しました。

 

商品参考までに下記にリンク貼っておきますね!

 

 

 

 

 

サーフボードのデッキパッドを剥がすのに温度は関係ある?


サーフボードに貼ってあるデッキパッドをキレイに楽に剥がしたいのであれば暖かい若しくは暑い時期に行うと良いと思います。

 

デッキパッド自体が寒い時期、気温が低いと硬くなってしまいますし、サーフボードとデッキパッドを接着している接着剤も硬くなっています。

 

簡単に楽にデッキパッドを剥がすのであれば暖かいか暑い時期をおすすめします。

 

 

もし、寒い冬の時期にデッキパッドを剥がすのであればドライヤーを使う手があります。

 

デッキパッドにドライヤーの温風をあてて温めてから剥がす方法です。

 

ドライヤーで温めることによりデッキパッドも接着剤も柔らかくなります。

 

但し、サーフボード自体にドライヤーの温風が直接あたらないよう注意して行って下さい。

 

直接サーフボードに温風をあてるとサーフボードの素材を痛めてしまいます。

 

スポンサードリンク

 

 

サーフボードのデッキパッドを剥がす前にしておくこと


サーフボードのデッキパッドを剥がす前にフィンを外しましょう。

 

作業中にサーフボードに体重がかかる恐れがありますから面倒だからとフィンを外さないで行うとフィンを痛めたりフィンボックス、サーフボード自体を痛める恐れがあります。

 

フィン、フィンボックス、サーフボードを痛めると同時にあなたの心も痛めてしまいます。

 

 

もし、オンフィンでフィンが外せない場合にはフィンに負担がかからないようフィンの前後のボトムにフィンよりも高さがあってサーフボードのボトム面が痛まないような何か土台を置きましょう。

 

サーフボードスタンドなどがあればおすすめです。

 




スポンサードリンク

 

 

サーフボードのデッキパッドの剥がし方


それではサーフボードに貼ってあるデッキパッドの剥がし方を紹介します。

 

先に説明した必要な道具、温度などが整った状態で行って下さいね!

 

 

デッキパッドをゆっくりと剥がす

デッキパッドをゆっくりと焦らず剥がして下さい。

 

早く剥がしたい、時間が無いからといって急いで行うと途中でデッキパッドがちぎれたり接着剤がサーフボード側に沢山残ってしまいます。

 

ゆっくりと慎重に剥がした方が後の作業が楽になります。

 

 

 

 

サーフボードに残った接着剤を落とす

いくら対寧にデッキパッドを剥がしてもサーフボード側に接着剤のベトベトは多少は残ってしまいます。

 

 

そこで活躍してくれるのがワックスリムーバーです。

 

・ワックスリムーバーを接着剤のベトベト残りに直接スプレーして下さい。

 

・その上にキッチンペーパーを乗せます。

 

・乗せたキッチンペーパーにもワックスリムーバーをスプレーして10~15分ほど放置します。

 

この10~15分の時間でワックスリムーバーがサーフボードに残った接着剤のベトベトを柔らかく溶かしてくれます。

 

サーフボードには何ら影響はないので心配しないで下さい。

 

・10~15分経ったらキッチンペーパーを剥がして下さい。

 

・次にスクレイパーでワックスを落とすように柔らかく溶けだした接着剤を落としていきます。

 

 

・ベトベトの接着剤が全て落としきるまで上記の作業を繰り返し行って下さい。

 

スポンサードリンク

 

 

 

サーフボードのデッキパッド剥がしの仕上げ


ワックスリムーバーとスクレイパーを使ってサーフボードに残った接着剤のベトベトを取り除いたら最後の仕上げ作業です。

 

デッキパッドが貼ってあった所に直接でもキッチンペーパーにでも良いので再度ワックスリムーバーをスプレーしてキッチンペーパーで丁寧に拭いて下さい。

 

この最後の仕上げをすることにより目に見えない位の接着剤の残りや汚れを完全に落とすことができます。

 

再度、新たなデッキパッドを貼る場合には少し時間を置いて完全にワックスリムーバーの液が乾いてから貼るようにしましょう。

 

 




 

 

まとめ


サーフボードに貼ってあるデッキパッドを簡単にキレイに剥がす方法を紹介しました。

 

用意する物もサーファーであれば必要な物なので一回ぽっきりの無駄な買い物でもありません!

 

紹介した方法であれば男性は勿論、力のない女性でも簡単に行えます。

 

デッキパッドを剥がす際には是非今回の方法はおすすめですよ!

 

最後に改めて作業をする際には部屋の窓を開け十分に換気ができる環境で行って下さいね!

 

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 

また、サーフボードにポスカやスプレーで描いてしまったペイントをキレイに落とす方法

サーフボードに描いたペイントの落とし方!簡単キレイに消せる!

不要になったサーフボードを出張買取に依頼したい場合には

サーフボード・ウェットスーツ買取出張とは?東京での相場は?

もご覧下さい。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました