飲み会の上手な断り方と納得させる理由


飲み会に行きたくないと思いながらも

渋々参加されていませんか?

何か良い「断り方」はないかな?

と誰もが思ったことがあると思います。

断ったことで後々面倒なことになるのも

嫌ですものね。

今回は飲み会に誘われた時の上手な断り方と

納得してもらう理由を紹介します。

スポンサーリンク

急な飲み会の断り方


新年会や忘年会など数ヶ月前から予定が立っている

飲み会だと中々断ることは難しいですが、

急な飲み会の誘いの場合に使える上手な

断り方を紹介します。

・体調不良を理由に断る

誘う側も体調が悪いといっている人を無理に飲みの席に

参加させる気にはなりません。

無理に誘って更に体調が悪くなってしまっても

責任がとれません。

ただ、体調理由で断る訳ですから

それなりに具合が悪い演技は必要になります。

また、「先約がある」「家族との予定がある」「子供を理由に」

などを断る理由に使うと誘った人も「そうか~ 残念!」

としか言えません。

時間を使った上手な断り方として

「スケジュールを確認してみる」を使う方法もあります。

誘われた日ではなく翌日くらいに

「予定が入っていたから残念だけど行けない」

と伝えれば相手も時間というクッションが入っているので

素直に受け入れてくれるでしょう。

次回は誘ってもらいたい場合には


今回の飲み会は気がすすまないから断ったけど

次回は参加したい、また誘ってもらいたいと思う場合には

「次回は参加します!」や「次は是非お願いします!」など

断った後に次回に繋げる言葉を相手に伝えましょう!

これなら相手も悪い気はしません。

相手が嫌がる断り方


誘う側の人がもう誘うのを止めようかなと

思わせる断り方もあります。

「忙しいから行けない」「当日、行けたら行く」「即効で断る」

自分が誘う立場で上記のような言葉や態度をされたら

参加したくないんだなって感じますよね?

もし次から誘ってもらわなくても良いとお思いであれば、

上記の言葉を使うのも良いかもしれません、

しかし、後々の事も考えてから使いましょう。

スポンサーリンク

忘年会や新年会などの断り方


急な飲み会の誘いを断るより少し難しいと思われがちな

忘年会や新年会などの先の予定の飲み会の断り方です。

この場合には当日の具合が悪いも使えますが、

幹事さんに迷惑がかかってしまいますし、

会社の支払いではなく参加費を払わなくてはいけない

飲み会だと最悪の場合、費用だけ払わなくてはならない

はめになるかもしれませんので注意しましょう。

やはり最初から参加できない理由を作るのがベストでしょう。

例として、

「翌日が朝早くから

どうしても外せない予定があるから参加できない」

などの理由をつけて断るのが良いでしょう。

万一、飲み会に参加させられても

早く帰ることができます!

会社の忘年会など事前に日にちが分かる場合には

有給を使ってその日は休みを取ってしまうなんて方法もあります。

一応は業務外のことになりますので、

有給を使って休んでいるのにわざわざ忘年会だけに

参加する必要はありません。

まとめ


今回は飲み会の上手な断り方と

嫌がられる断り方を紹介しました。

ただ、今後の人間関係にも影響してくるものですので、

上手に活用して頂けたらと思います。

一番なのはお互いが嫌な思いをしない感じで

お断りする事です。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です