セーター縮みの直し方【自宅編】


セータを自宅で洗濯したところ

ビックリするほど縮んでしまった!

お気に入りのセーターだから

何とか元のサイズに戻したい!

専門業者に相談すれば元に戻るだろうけど

それなりの料金がかかるはず!

なんとか自分でセーターの縮みを直したいという方に

今回は自宅でできる方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

ジメチコン


髪を洗うシャンプーの後に

トリートメントやコンディショナーを使いますよね。

多くのトリートメントやコンディショナーの

成分に含まれているのがジメチコンです。

そのジメチコンが縮んでしまったセーターを

元のサイズに直すことに一役買ってくれるのです。

ジメチコンはどんな成分?


ジメチコンは多くのトリートメントやコンディショナーの

成分に含まれていることは前に説明しました。

このジメチコンは髪をストレートにする効果があり、

トリートメントやコンディショナーをした後は髪の通りが

良くなります。

ジメチコンはニットを伸ばすという効果もありますので、

縮んでしまったセーターをジメチコンを使って

元のサイズに直せるという訳です。

縮んだセーターの直しかた


セーターが十分浸かる洗面器かバケツを用意して下さい。

そして、ぬるま湯を入れて下さい。

自宅にあるトリートメントかコンディショナーを

ぬるま湯に入れて良く溶かして下さい。

ぬるま湯に溶かすトリートメントかコンディショナーの量は

普段髪に着ける時と同じ位の量で大丈夫です。

トリートメント・コンディショナーが

良く溶けているのを確認後に

ぬるま湯の中にセーターを入れて下さい。

5分~10分程つけたら水滴が落ちない程度まで

絞るかネットに入れて洗濯機で脱水して下さい。

スポンサーリンク

乾かし方


ハンガーと段ボールの板を用意して下さい。

用意するダンボールは、

横の長さは希望の身幅で、

縦の長さはハンガーにセーターをかけて

ハンガーの底辺の所に段ボールの上辺をクリップ等で繋ぎ

伸ばしたい身丈分(裾)までのダンボールを用意して下さい。

セーターの裾の部分と段ボールの底辺の部分をクリップ等で

挟んで止めます。

セーターの型が決まったら、

風通しのよいところで陰干しで

ゆっくりと時間を掛けて乾かして下さい。

乾いたら元のサイズ、希望のサイズに直ります。

注意点


ハンガーは細いワイヤーのものではなく

太さのあるしっかりした物を用意して下さい。

セーターの裾の部分と段ボールの底辺とを挟むクリップも、

幅のあるクリップを使い裾全体を均一に挟むようにして下さい。

ハンガーもクリップも部分的にセーターを伸ばしてしまうと、

型が崩れてしまいますので均一に伸ばすのがポイントです。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です