イライラを抑える4つの方法・これで態度に出なくなる!


普段の生活を送るうえで誰でも「イライラ」してしまう時があります。

暫くしてから考えてみるとイライラしていた時間って良い時間か悪い時間かといえば悪い時間だった訳で勿体ない感じがしますよね。

でもイライラしてしまうのは外的要因が多かったりするので防ぎようがない場合が殆どです。

できればイライラせずに大らかな気持ちでいられたら良いのですが中々できません。

そんなイライラを抑える方法を今回は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

何で人はイライラしてしまうのか?


では、何で人はイライラしてしまうのかメカニズムを探ってみましょう!

イライラのメカニズム

イライラしだす時ってそれまでの我慢がどんどん積み重なってきた時になりますよね?

コップと水に例えるとコップがあなたの心の器だとして水が我慢だとします。

コップの中の水が段々と増えていき満杯になるまでは我慢です。

水が溢れ出す、心に余裕が無くなることがイライラだとすれば分かり易いメカニズムだと思います。

イライラは防衛本能

人はイライラすると表情が怖くなったり周りの人への対応が厳しくなったりします。

これは防衛本能であって周りの人に自分がイライラしていることを分かってもらう信号だといえます。

スポンサーリンク

イライラを抑える4つの方法


イライラのメカニズムが分かって頂けたと思います。

ここからはイライラを抑える方法を紹介します。

自分の物差しを知る

メカニズムのところで説明しましたが心に余裕がなくなると人はイライラしてしてしまいます。

であれば普段から自分の心に余裕が残る範囲で物事を受け止め対処していくべきです。

人は慣れていく生き物ですから受け止めていく範囲は段々と広げられていくものです。

まずは自分の物差しを知って範囲内で対処していきましょう。

忙しくしない

自分のスケジュールを一杯に埋めないように気を付ける!

時間に余裕のないスケジュールを組むと感情や心を整理する時間が無くなります。

そうなると人はイライラしてきてしまいますので余裕をもったスケジュール管理をしましょう。

イライラを振り返る時間を持つ

もし一日を過ごす中でイライラしてしまった事があったら、その日の終わりに何が原因でイライラしてしまったのか?

そして、その対処方を落ち着いて考える時間を持つようにしましょう。

その様な振り返る時間を持つことで次に同じようにイライラしてしまうようなことが起きた時に直ぐに対処できる心の余裕を持つことができます。

人に頼ってイライラ解消

イライラ体質の人は仕事などを自分一人で抱え込んでしまうケースが多いです。

その結果、心に余裕が無くなってしまってイライラしてしまうのです。

自分はイライラ体質だなと思ったら早目に人に頼ってお願いするようにして下さい。

但し頼る人、お願いする人はあなたが信用できる人を選んで下さい。

いい加減な人に頼んでしまうと最悪の場合にイライラどころか怒りに代わってしまう結果になってしまう場合がありますので注意が必要です。

まとめ


自分が何でイライラしているのか原因と理由を冷静に理解するだけでもイライラを抑える効果があります。

常日頃から自分の心の器に余裕を持たせることを意識していればイライラを防ぐことができるでしょう。

それでもイライラが中々抑えられないようであれば今回紹介した方法を取り入れて心の余裕を取り戻して下さい。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です