離婚したいと思った妻の回避方法とは?これで危機一髪!

スポンサードリンク

結婚している女性の中には旦那さんとの離婚を考えている人もいるでしょう。

 

できれば「離婚」はしたくないけど・・・と悩みながら日々を送っている人もいるかもしれません。

 

今回は離婚を考えたことがある既婚女性達がどうやって離婚を回避したのかを紹介します。

 

もし現在、あなたが離婚を考えているなら回避できるチャンスになるかもしれません!

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

旦那と離婚を考えたことがあるか?


結婚している女性達に旦那さんと「離婚」を考えたことがあるか?の調査に対して400人中の約3割強の既婚女性が「離婚を考えたことがある」と回答しています。

 

では、どんなことが原因で離婚を考えたのかをこれから紹介していきます。

 

あなたも共感できる! 当てはまる!と思うところがあるかもしれませんので見ていきましょう!

 

 

家のことに全く協力してくれない

結婚生活とはお互いが協力して築きあげていくものだと思っていたのに家事や育児に全く協力してくれない!

 

 

お金の問題

結婚前、お付き合いの段階で気が付いていれば良かったのだけれどお金に対する価値観だったり旦那に借金があった!

 

 

女性問題

結婚後の女性問題といえば浮気です。

 

浮気までとはいかなくても内緒で他の女性と遊びに行ったり「付き合いを理由に」キャバクラ通いが絶えない。

 

 

生活感や性格が合わなかった

結婚して一緒に生活してみたら生活感や考え方が全く違っていた。

 

何で結婚前に気が付かなかったのか後悔の日々。

 

 

やはり、結婚前には気が付かなかったことが結婚後に一緒に暮らしてみて気が付き段々と不満が溜まってしまうことが多いようです。

 

離婚が頭をよぎるということは妻側にとっては相当不満が溜まっている証拠ですね!

 

スポンサードリンク

 

 

離婚が頭をよぎった時の回避方法


では、離婚が頭をよぎった妻達はどのようにして離婚を回避したのかも調べてみましたので紹介したいと思います。

 

離婚は何とか回避したいと現在あなたが思っているなら要チェックな内容です。

スポンサードリンク

 

 

自分が今したいことをする!

旦那との離婚を考えてしまった時には「気分転換するのが大事!」ということは自分が今一番したいと思うことをおもいっきりすることです。

 

友達と遊びに行ったり、ショッピングに行ったり、旅行に行ったりと旦那のことを一度忘れて旦那抜きの環境で楽しみ気持ちをリセットする。

 

 

愚痴を言って発散する

日々の生活の中で溜まりに溜まった旦那の不満を愚痴にして発散する。

 

しかし、愚痴を発散する場所は近くにいる人に愚痴を聞いてもらうとかではなくSNSなどのネット上で同じ様な旦那との不満を抱えている妻達が集う場所で発散します。

 

そうすることで旦那との不満を抱える多くの同じ様な人達の考えに共感できることもあれば、参考になる考え方を得られることがあります。

 

自分の近くにいる人に旦那の愚痴をいうのは後々旦那の耳に入る場合もありますし、愚痴を聞いた人経由であなたの周りの人達に「最近旦那と上手くいってないらしい」などと噂として広まってしまう恐れがありますから、そこは賢くネットの世界を利用しましょう。

 

 

子供の為と思いじっと耐える

お子さんがいる人は旦那のことより「子供」のことを考えます。

 

子供の為とじっと我慢をしてそのうち不満と怒りが収まるまでじっと耐えるようです。

 

 

旦那はいないことにする

もう旦那はいないことにしてしまう。

 

旦那は毎月お金を運んできてくれる人位に思えると不満は消えて無くなるようです。

 

 

離婚を回避するには愚痴で発散したり、今現在自分がやりたいことをしたりして気分転換する人もいれば、子供の為に耐えるタイプの人や旦那はいないものにしてしまうなどちょっと怖いタイプの人がいるようです。

 

 

 

まとめ


元々は他人が一緒に暮らして家族になっていく訳ですからお互い不満が全く無いとまではいかないものだと思います。

 

しかし不満が溜まりに溜まって離婚が頭をよぎるまでになってしまうのは深刻な状況です。

 

原因が分かっているなら旦那さんにも話してみて状況を変え不満が解消できるのがベストだと思います。

 

あとは離婚の回避方法のところで紹介したことを参考にして頂いたり、あなたの気持ちを上手くコントロールするのが離婚を考えず回避できる方法だと思います。

 

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました