向いてる仕事がわからない人の就職・転職活動


就職や転職活動していて自分に向いている仕事に就きたいなと思っている人は多いと思います。

ただ実際に自分に向いている仕事がわからず何だろう?と考え悩んでいる人もいますよね?

色々と悩み考えたけど結局のところわからないという答えが多いのではないでしょうか。

そこで今回はなるべく自分に向いている仕事に就く為の見極めの仕方をアドバイスしたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも向いている仕事ってなに?


自分に向いている仕事って下記の3タイプに分類できると思います。

1.自分ができる仕事

今までの自分の経験からこの仕事はできると判断できる仕事です。

上手く経験が活かせる職に就ければ良いのですが逆に経験が活かせる職が見つからない時には職探しに苦労してしまうでしょう。

経験は無いけど挑戦してみたいというチャレンジ精神を持つと活躍の場が広がると思います。

2.自分が向いていると思う仕事

自分が思うイメージでこの仕事に向いていると判断することです。

この手のタイプは実際に希望の職に就けたけど自分がイメージしていた仕事と現実のギャップとの差を感じてしまう場合があります。

仕事を探す時にはその仕事のマイナス面もよく研究する必要があると思います。

3.他人から見て向いていると思われる仕事

他人から見て向いている仕事とは自分でも気が付いていない部分を知っていたりするので案外上手くいく場合もあります。

ただ、周りは向いていると思っても本人がその仕事に興味を持てないと上手くいかないところが難点でもあります。

スポンサーリンク

自分がどう感じるのが向いている仕事なのか?


ではここでは自分自身がどのように感じる仕事が向いている仕事なのかを説明します。

「やりがいを感じるか」

仕事をしていて充実感、達成感などのやりがいを感じられる仕事は向いていると思います。

「自己の成長を感じるか」

仕事をしていてその経験が自分自身の人生にプラス、成長できていると感じられる仕事は向いていると思います。

「自分じゃないとできないと感じるか」

この仕事は自分じゃないとできないと思うかです。

自分にしかできないと思えれば考えや行動が積極的になります。

そのように思える仕事は向いていると思います。

やりたい仕事と向いている仕事だったらどっち?


就職活動や転職活動の時に「やりたい仕事」と「向いている仕事」どっちの仕事に就いた方が良いのか悩むと思います。

どちらが実際に良いのかというと「やりたい仕事」に就くべきです。

理由としては、あなたがやりたいと思う仕事に就いた場合には、やりたい・やってみたいという気持ちが強いのでどの様な仕事であってもモチベーションを維持しやすく多少の困難も乗り越えていけるでしょう。

逆に向いている仕事を選んだ場合に余程自分のことを自分自身が理解していないと現実とのギャップを感じてしまったり、少し壁にぶつかったくらいでも向いていないと判断してしまう恐れがあります。

まとめ


今回は向いている仕事がわからない人に向けて仕事探しの見極め方を紹介しました。

向いている仕事ということで考えるよりも、あなた自身が充実感、達成感、挑戦、成長、やりがいを感じられる仕事かどうかを最優先させて判断するのが向いている仕事なのだと思います。

一番やってはいけない判断は周りの人や他人と比較することです。

あなたはその人ではないので、その人には良くてもあなたにも良い訳ではありません。

その様な判断はせず、あなたがどうなのか?を優先に判断して下さい。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です