独身証明書の取得が恥ずかしい人は郵送申請で入手できる!


結婚相談所などを利用して婚活をスタートさせようと思ったところ、入会するのに「独身証明書」が必要だと聞いて正直な話「何ソレ?」っと思った人がいると思います。

独身証明書は役所で申請しなければ取得することができない公的な証明書です。

ですが、独身証明書を役所の窓口で直接申請するのって正直恥ずかしいという人もいると思います。

窓口での申請手続きが恥ずかしいと思う人は独身証明書を郵送で申請と取得ができるのをご存知ですか?

今回は郵送申請で独身証明書を取得する方法を紹介します。

スポンサーリンク

そもそも独身証明書って何?


聞き慣れない独身証明書は何ぞやを説明したいと思います。

そもそも私達が住む日本は重婚は禁止されています。

その重婚が無いことを証明する為に作られたのが独身証明書です。




婚活での独身証明書の提出理由


近年、結婚相談所など結婚の相手を紹介する場では入会する時に「本人を証明できるもの」「年収証明書」そして「独身証明書」の提出が必要になる所が殆どです。

相手に自分を信用して貰う為にも必要ですし、その逆でも必要です。

また、紹介する結婚相談所の信用にも関わってくるものです。

結婚が決まってから嘘が色々と発覚してトラブルになったなんてケースが過去にはあったようで、その様なことを防ぐ為にも本人証明、年収証明、独身証明などが必要になったのです。




独身証明書の申請と取得の仕方


独身証明書は本人の本籍地がある役所の窓口で本人であれば直接申請と取得ができます。

その際に免許証などの本人を証明できるものと手数料が必要になります。

スポンサーリンク

独身証明書の窓口申請が恥ずかしい場合の取得の仕方


本籍地が遠く本人が行けない場合や窓口で申請するのは恥ずかしいという場合には郵送で独身証明書の申請と取得ができます。

独身証明書を郵送申請で希望する場合には本籍地のある役所のホームページから申請書をダウンロードして必要事項を記入して下さい。

申請書と本人を証明できる免許証などのコピー、切手を貼った返信用の封筒を用意します。

独身証明書の発行手数料は郵便局にある定額小為替か現金書留を用意します。

用意した用紙と手数料を同封して本籍地の役所に郵送すれば1週間から10日で独身証明書が届きます。

手数料はあなたの本籍地がある役所のホームページから独身証明書の申請手続を見て頂ければ分かります。




独身証明書の取得後の注意点


独身証明書を取得後は結婚相談所などに提出する時以外は持ち歩かないようにしましょう。

証明書にはあなたの名前、住所、本籍など個人情報が記載されています。

意味もなく持ち歩いて紛失してしまうと後に何かのトラブルに巻き込まれる恐れがありますから注意して下さい。




まとめ


今回は婚活、結婚相談所に入会する時などに必要になる独身証明書について紹介しました。

役所の窓口で直接、独身証明書を申請するのは恥ずかしい場合には郵送で申請と取得ができますので安心です!

独身証明書をあなたの婚活の成功の為に活用して下さい。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です