ストレスで食欲がない! そんな食欲不振の改善策を公開


気分が落ち込んだり、悩みがあったりすると食欲がわかない、食べなくてはいけないのは分かっているけど食べられない時があると思います。

どうして気分が落ち込んだり、悩みがあると食欲がわかないのでしょうか? ストレスとの関係がありそうです。

今回はストレスによる影響で食欲がなくなる食欲不振の理由と改善策を紹介します。

スポンサーリンク

ストレスの影響で食欲不振はなぜ起こる?


なんで人はストレスの影響を受けると食欲がなくなるのか不思議ですよね?

その不思議をまずは説明していきます。

ストレスの影響からの食欲不振のなぜ?

ストレスの影響を受けると食欲がなくなるのはなぜか?

それには血糖値が関係しているようです。

通常、私達は食事をすると血糖値が上がります。

血糖値が上がることにより脳がお腹が満たされた、満腹になりましたと認識するのです。

ですが気分が落ち込んだり、悩みがあったりしてストレスが溜まると血糖値が上がってしまいます。

先程も説明しましたが血糖値が上がると脳は満腹だと認識してしまうので食欲がわかない、いわゆる食欲不振になるという訳です。

体調不良もストレスの影響で起こる?

食欲不振とストレスの関係性が分かったと思います。

ここでは、ストレスの影響が起こす他の体調不良について説明します。

ストレスが溜まって多くの人が訴える体調不良の代表例が「食欲がない」「熟睡できない」「胃腸の調子が悪い」「頭が痛い」です。

どうですか? 自分も当てはまる! 経験したことがある!ではないでしょうか?

代表的なのは上記の4つですが、人によってストレスの影響での体調不良は様々なようです。

人それぞれの体質で体の弱い部分に症状が出やすいともいわれています。

体が感じるストレスにはタイプがある


人によってストレスの影響による体調不良が様々だと先に説明しました。

ここでは、そのストレスをより分かりやすくタイプ別に分けて説明していきます。

身体的なタイプ

身体的なストレスのタイプは分かりやすい症状として身体に現れます。

例えば、「胃腸の不具合」「頭が痛い」「蕁麻疹や帯状疱疹など皮膚に出る」などの症状です。

胃腸の不具合があると当然食欲もなくなります。

また上記の様な症状が長引くと病気かな?と思ってお医者さんに行くと思います。

お医者さんに診てもらっても病気でない場合にはストレスが影響しているという判断になります。

精神的なタイプ

精神的なストレスのタイプだと睡眠や気分などに影響が出ます。

睡眠に影響がでると熟睡ができず眠りが浅かったり、寝ても夜中に目が覚めてしまったり明け方に目が覚めてしまったりします。

ゆっくりぐっずり眠たいのに眠れないという辛い症状です。

ストレスによる気分への影響は、長い期間気分が落ち込んでしまって気が晴れるや、楽しい気分になることがない状態になります。

あまりに長い期間気分が落ち込んだ状態が続くようだと、うつ病との関係性もあるかもしれません。

生理的なタイプ

人間には食欲、性欲、睡眠欲という大事な三大欲求があります。

生理的なストレスのタイプだと三大欲求のどれかに影響がでる場合があります。

どの欲求が欠けても肉体的、精神的に健康とはいえないものです。

ストレスが影響して3つの内の1つでも影響を受けると他の2つにも影響を及ぼす恐れがあります。

スポンサーリンク

ストレスが原因で食欲がない場合の改善策


ストレスについて色々と分かったところで、最近ストレスが溜まっているな、ストレスが原因で食欲なないなと思った場合の改善策を紹介します。

食欲がないなと感じたら

食事をちゃんと摂りたいのにストレスにより食べれない時にどうしたら良いのでしょうか?

まず理解してもらいたいのは先にも説明しましたがストレスは身体の弱いところに現れるということです。

ストレスが原因で食欲不振になっているということは元々胃腸が弱いということだと思って下さい。

そこに「食べなきゃ食べなきゃ」と思って無理矢理食べても当然のことながら少ししか食べられないでしょうし逆にストレスを溜めてしまうことになるでしょう。

そんな時には少量でも栄養価の高いものを少しだけ食べるようにして無理はしないことです。

また、どうしてもある程度の量は食べないと体力・スタミナに影響がでてしまうという場合にはカレーなどの香辛料を使った料理を食べるのも手です。

よく夏バテで食欲が無くなる時期にファミリーレストランなどでカレーフェアーとかタイフードフェアーなどを行っているのは香辛料系の食事は食欲増進効果があるといわれているからです。

ある意味納得できますよね!

ストレス解消に努める


ストレスが影響して食欲不振になったり他の体調不良を起こしているのであれば、ストレス解消に努めるのも手です。

ストレスを溜めないようにできれば一番良いのですが現代社会では難しいことでしょう。

ならば溜まったストレスを自分で解消していくのが得策といえるでしょう。

趣味に打ち込む

もしあなたがストレスを解消できる趣味があるようであれば、趣味に没頭することをお勧めします。

楽しいこと集中できることが有り、抱えている悩みや心配事を一時でも忘れることができる時間があるとストレスを解消することができます。

運動する

欧米では気分が落ち込んだ時やモヤモヤしている時には体を動かせ! 運動をしろ!という言い伝えがあるらしいです。

運動をすることで身体は疲れます。

疲れた身体は眠って体力を戻そうとします。

ぐっすり眠れると精神的な疲れも和らいでいきますので精神面が疲れていてストレスを感じている時は運動することをお勧めします。

ストレスの原因とは逆のことをする

ストレスが溜まる原因が分かっている場合には、その原因と真逆のことをするようにしてみて下さい。

例えば、事務仕事で体を動かさない人は運動を取り入れる。

肉体的労働の人はゆっくり体を休ませる。

専門的な仕事などで一人で仕事をする人は人との交流を持ってみる。

要は普段から多くの時間、身を置いている環境とは真逆の環境に身を置くように努力してみて下さい。

偏りすぎているバランスの調和が取れていくと思います。

まとめ


今回はストレスの影響による食欲不振と他の身体への影響、そして改善策を紹介しました。

ストレスは溜めすぎてしまうと生活に悪影響を及ぼすものです。

今回紹介した改善策を参考にして頂き食欲不振を解消して頂けたらと思います。

また、体調不良が長引いているなと思った場合には自己判断だけでなくお医者さんに相談や診てもらうことも大事なことですのでお忘れなく!

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です