五月病の予防とGW後の過ごし方


楽しく過ごしたGW。

そのGWの後にGW前とは違って気持ちや体調がすぐれないなと思うのであれば「五月病」を疑う必要があるかもしれません。

五月病は精神的なことが原因で症状が起こるといわれています。

4月から就職や転職、または部署の移動などで新たな環境に身を置き精神的に緊張した1ヶ月を過ごした後にGWという連休があります。

この連休で一旦緊張が解かれて良い意味で精神、体力と休憩ができた人は良いのですが、GW後から気持ちが沈んだままになってしまう人は五月病になっている恐れがあります。

今回は五月病の予防とGW後に気持ちが沈んでしまった場合にどう過ごしたら良いのかを紹介します。

スポンサーリンク

食事に気を付ける


GW中は家族や友人、仲間などと楽しく過ごす機会が多いと思います。

連休ということで気持ちが解放され、ついつい食事面で暴飲暴食をしてしまいがちです。

暴飲暴食をしてしまうと栄養のバランスが偏る恐れがあります。

栄養バランスが偏ってしうと精神的なバランスも崩しやすくなってしまい五月病にかかってしまう場合があります。

精神的なバランスを良い状態に改善、または保つには大豆製品、乳製品、ナッツ類、青魚、レバー、アボカド、バナナなどを食べるように心がけて下さい。

普段から、これらの食品を摂取しておくと精神バランスを保つ効果が得られますのでお勧めです。

ストレス発散


4月からの1ケ月、新たな慣れない環境などでストレスが溜まっている人は多いと思います。

GW中にストレス発散ができても、また通常の生活に戻ったことでストレスが溜まりだしてしまいます。

自分でストレスが溜まってきてな、溜まってるなと思ったら上手くストレスを発散するようにして下さい。

スポンサーリンク

気持ちをリフレッシュする


GW後に気持ちが沈みがちであれば、先程のストレス発散とも繋がりますが、仕事や職場の人間関係など会社絡みのこととは全く関係無い環境を作り、趣味や自分が心から楽しめることをして気持ちをリフレッシュさせるようにして下さい。

趣味や心から楽しめることをすることで脳内を元気にする「セロトニン」という物質が活発に分泌されます。

ですので、五月病かな?と思ったり、五月病にならない為の予防としても積極的に取り入れる必要があると思います。

良い睡眠を心掛ける


GW中に連休だからといって、つい夜更かしをしてしまい朝起きる時間が遅くなり生活リズムがずれてしまう場合があります。

生活リズムがずれたまま休み明けに通常の生活に戻ってしまうと朝起きるのが辛いし日中も眠いままの状態になってしまいます。

生活リズムを通常のリズムに戻すことを優先にして下さい。

その為には早寝、早起きを心掛ける必要があります。

早寝、早起きをすることで生活のリズムを戻すことができますし、良い睡眠を得られる効果もあります。

良い睡眠がとれれば、精神的な疲れをとることができます。

まとめ


今回は五月病にならない為の予防策と、五月病になってしまったかな?と思った時の改善策を紹介しました。

五月病は精神的な疲れなどが原因で起こってしまいます。

できるだけ普段から精神面の健康、ストレスを溜めないなどを意識して生活を送ることを心掛けるのが良いでしょう。

もし、今回紹介した対策などを試しても症状が改善されない、いつまで経っても憂鬱だという時には専門医に診てもらうことも忘れないようにして下さい。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です