プロモーション広告を利用しています

神輿ダコって何?除去方法と女性も注意すべき?

「お祭りで神輿を担いだら、肩に不自然な腫れができちゃった!これ、大丈夫なの?」

「旦那さんの肩にぷにぷにした塊ができてるけど、取り除く方法ってあるの?」

「女性でも神輿を担ぐことになったんだけど、神輿ダコって女性にもできるの?」

日本のお祭りには欠かせないのが、迫力のある神輿ですね。

でも、長時間担いでいると、肩に大きな腫れ、いわゆる「神輿ダコ」ができてしまうことがあります。

初めての経験だと、健康への影響やどう対処すればいいのか心配になりますよね。

そこで、神輿ダコの原因、中身、治療法、そして女性でもできるのかについて解説します。

これから神輿を担ぐ予定の方、すでに神輿ダコに悩んでいる方も、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

神輿ダコとは?その原因に迫る!

神輿ダコは、その名の通り、神輿を担ぎ続けた結果、肩にできる腫れのことです。

この腫れは、神輿を長年担いでいる人に特によく見られますが、実はお神輿を担ぐすべての人に起こりうる現象です。

原因はシンプル、「神輿の担ぎすぎ」にあります。

神輿の重さは、時には1トンを超えることもあり、長時間担ぐことで肩への負担が大きくなり、炎症を引き起こします。

 

 

 

スポンサーリンク

神輿ダコの中身は何?放置しても大丈夫?

神輿ダコの主な成分は「関節液」です。

この液体は、関節がスムーズに動くために必要なもので、膝に水が溜まるのと同じような状態です。

放置すると自然に治ることもありますが、毎年神輿を担ぐと再発する可能性があります。

 

 

 

神輿ダコは痛いの?

神輿ダコが痛いかどうかは、できたばかりの時期によります。

新しくできたばかりでは、肩の皮膚が炎症を起こしており、触ると柔らかく、かなりの痛みがあります。

しかし、時間が経つにつれて硬くなり、痛みはなくなります。

 

 

 

女性にも神輿ダコはできる?

昔は男性だけのものとされていましたが、最近では女性も神輿を担ぐことがあります。

実は、女性でも神輿ダコはできます。

特に夏場は肩が露出する服を着ることが多いため、神輿ダコが目立つ可能性がありますが、お祭りを楽しむ女性にとっては、神輿ダコもまた一つのバッジのようなものかもしれません。

 

 

 

神輿ダコの治療法は?

神輿ダコは、一部の人にとっては誇りの証ですが、治したいと考える人もいます。

新しくできた場合は、アイシングやマッサージでケアが可能です。

また、まだ神輿ダコができたばかりで柔らかい場合は鍼治療や吸引治療を受けることも一つの方法です。

しかし、一度固まってしまった場合は、病院の整形外科にて手術で取り除く以外に方法はありません。

気になる人は、早めに専門医に相談してみましょう。

 

 

 

まとめ

お神輿を担ぐことで生じる神輿ダコは、お祭り愛好者にとっては特別な意味を持つことがあります。

しかし、新しくできた腫れは痛みを伴うことがあり、特に女性にとっては見た目の問題もあります。

神輿ダコができてしまった場合は、適切なケアを心がけ、必要であれば専門の治療を受けましょう。

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。
最後までお読み頂き有難うございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました