赤ちゃんにウォーターサーバーはいらない?それともいる?

スポンサードリンク

赤ちゃんが産まれてから、毎日のミルク作り。

 

授乳の時間って、一生に一度ですが、

やっているママとしては、毎回毎回、本当に大変ですよね。

 

赤ちゃんの機嫌が良いときなら良いのですが、

実際は、泣いている場面でミルクを作るという方が多いと思います。

 

そして、なにより1番大変なのが、夜中のミルク作り…。

 

新生児のころなんて、オムツかミルクか抱っこですよね(^_^;)

 

毎日のことですし、

出来ればママやパパにとっても、負担を軽くしたいと思います。

 

ミルク作りには、毎回70度以上のお湯と、お水が必要ですが、

それらが全て備えられているものが、ウォーターサーバーです。

 

最近では、ショッピングモールなどでも、

ウォーターサーバーのプロモーションを、多く見かけるようになりました。

 

子供向けのイベントなどでも、

ウォーターサーバーの試飲って多いので、

気になっている人もいるかと思います☆

 

ここでは、赤ちゃんのミルク作りに、

「ウォーターサーバーが必要か?」迷っているママやパパに、

ウォーターサーバーがあることでのメリット、

デメリットを、それぞれご紹介していきます(^-^)

 

スポンサードリンク

赤ちゃんにウォーターサーバーはいる?メリットは?

では、まずメリットからみていきましょう♪

主なメリットとしては

ミルク作りに毎回必要なお湯と衛生的なお水が、すぐに使える!

というところではないでしょうか。

 

まず、ミルクを溶かすお湯は、

だいたい70度以上のお湯を使います。

 

そのお湯を、赤ちゃんが泣いてから沸かして…とか、

そろそろミルクの時間だから、用意して…とか、

とにかく、沸かす時間がロスタイムになりますよね。

 

またお水も、

水道水を一度沸騰させて⇒冷ましておく

という、湯冷ましを用意しておかなければなりません。

 

ウォーターサーバーがあれば、そのような手間は要らず、

ミルク作りに必要なお湯と、衛生的なお水が常に用意されています。

スポンサードリンク

 

その点で、

ママやパパの負担はぐっと減るのではないでしょうか(^-^)

 

赤ちゃんにウォーターサーバーはいらない?デメリットは?

では、続いてデメリットをみていきましょう。

 

デメリットとしては、

1…場所を確保しなくてはならない

2…水道水よりも割高

3…衛生面でのメンテナンスが必要

 

ということが挙げられます。

 

ウォーターサーバーを置くには、

もちろん設置場所の確保が必要です。

 

キッチンや、もしくはキッチンから近い場所のリビングに、

ウォーターサーバーが設置できるスペースがあるか?

考えなければいけません。

 

最近では、コンパクトなものも増えていますが、

やはり場所はとるものなので、

スペースの確保が、デメリットになるのではないでしょうか。

 

また、そのまま使える水道水よりも、

もちろん割高になってしまいます。

 

そして契約後は、ウォーターサーバー本体の衛生面や本体のメンテナンスも、

必要になってきますよね。

 

やはり、使っていると汚れもたまりますし、

定期的に、本体のクリーニングやメンテナンスは必要になります。

 

契約後の、毎月の水の代金、レンタル料、電気代と費用がかさんできます。

また、契約期間内での解約となると解約料も発生してしまいます。

その点が、デメリットではないでしょうか。

 

まとめ

この記事では、赤ちゃんのミルク作りに悩むママやパパに、

ウォーターサーバーが必要かどうか?

メリットとデメリットをみていきました。

 

2か月ごろまでは、ミルクの回数って、

1日に7回くらいは必要ですよね(^_^;)

 

その用意を毎回するって、本当に大変だと思います…。

 

赤ちゃんのお世話って、

ミルクを作ることだけではないですもんね。

 

そのような毎日の中で、

少しでもママやパパの時間的、体力的な負担にならないように、

育児グッズとして取り入れるのは、良いと思いますよ☆

 

ぜひ、毎日の授乳時間を、

負担にならないようにしていって下さいね♪

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました