こどもの日の柏餅や粽(ちまき)、それぞれの意味や由来は違うの?

スポンサードリンク

5月5日はこどもの日ですよね☆

こどもの日というと、どんなことが思い浮かびますか?

 

5月5日は、「端午の節句」でもあります。

 

もともとは、男の子の成長を祝う端午の節句から、

こどもの日となっていったそうです。

 

そのため、こどもの日というと、

兜や鯉のぼりを飾ったり、菖蒲湯に入ったり…

そして、「柏餅を食べる」「粽を食べる」ことを、思い浮かべる人もいると思います♪

 

きっと毎年、楽しみにしている人もいますよね(^-^)

 

私も、柏餅が大好きです☆

普段売られている時よりも、こどもの日に売られている柏餅の方が、

なんだか美味しくて、特別に感じられるんです♪

 

ちなみに、知っている人も多いとは思いますが、

柏餅はこの記事のトップに掲載している写真の右側にある、

柏の葉っぱで包まれている、白いお餅のことです。

中にはあんこも入っていて、食べ応えもあります☆

みそあんが入っているものもありますよ。

 

粽は写真の真ん中にある、笹の葉っぱで包まれていているものです。

中には、白くてモチモチしたお団子が包まれています。

味はほんのり甘くて、ほんとにモチモチしていて美味しいんですよ☆

 

実は、柏餅も粽も、こどもの日に食べるものになりますが、

どちらを食べるかは、関東と関西で違って定着しているんです。

 

みなさんの地域で食べるのは、柏餅?それとも粽?

 

この記事では、こどもの日に食べる柏餅と粽について、

それぞれの意味や由来を、ご紹介していきます♪

 

スポンサードリンク

こどもの日に食べる柏餅の意味や由来

縁起物の柏餅

 

柏餅の由来はズバリ!

柏の葉が、縁起ものだったことからきています。

 

どんなところが、縁起に良いとされているのでしょうか?

柏の葉について、少しお話していきますね☆

 

この話は、武家文化までさかのぼります。

 

家系が途切れてはいけない…

なんていう、お世継ぎ問題は、

もちろん武家社会では、最も重要視されていることでした。

 

そこで、縁起担ぎに使ったのが、柏の葉っぱです。

 

ちなみに、柏の木って知っていますか?

 

葉っぱは、柏餅に使われているから知っているけど、

木は…?どんな木なのでしょう?

 

実は柏の木は、中部地方から北海道に多く生えている木なんです。

もしかしたら、見たことのない人も多いかもしれませんね。

 

厚い皮に覆われていて、

火事が起こっても耐えられるという、立派な木なんですよ。

また、冬の暴風にも耐えることが出来るんです。

 

柏の木は、落葉樹の仲間なのですが、

春に新しい葉が生えてくるまで、枯れた葉は落ちないんです!

 

暴風に耐えながらも、落ちない葉…

柏の木って、とっても強いんですね!

 

ここから、

耐えることなく変わっていく⇒途切れない

という、縁起のよい葉として伝えられていったのです。

 

家紋にも使われているのにも、

この由来が関係しているそうですよ☆

 

柏の葉っぱは、本当に縁起のよい葉だということが分かりましたね!

 

ちなみに、江戸の文化では、

すでにこの風習が定着していたそうです。

 

そのことからも、今日にいたるまで、

柏餅が関東に定着しているのも、納得がいきます♪

 

こどもの日に食べる粽(ちまき)の意味や由来

災いを除ける粽

 

では、続いて粽について、お話していきます。

 

粽の由来はズバリ!

あるものからの災いを退けるために、粽を葉で巻いたことからきています。

 

このあるものというのは、このあとお話しますね☆

 

関西方面の人は、こどもの日というと、

粽を食べる人が多いのではないでしょうか(^-^)

スポンサードリンク

 

逆に、関東の人には、もしかしたら馴染みがないかもしれませんね。

どんなもの?と思う人もいるかもしれません。

 

そして、「ちまき」と聞いて、

おこわが包まれている、ちまきを想像する人もいるかもしれません。

 

ここで言うちまきとは、おこわが入っている中華のちまきではなく、

米粉で作ったお団子のような、和菓子の方のちまきですので、

間違えないで下さいね(^_^;)

 

粽は笹の葉に巻かれていているのですが、

笹の葉は、見たことある人も多いですよね?

 

七夕の笹の葉、笹の葉寿司など、

日本人にとっては、馴染み深い葉ですよね。

 

笹の葉っぱは殺菌効果もあり、

保存食を巻くことに、使われることが多いです。

 

これがどうして、端午の節句と結びつくのでしょう?

 

粽が災いを除くものとして、使われるようになった由来は、

実は中国から伝わった、こんなお話からきています。

 

ここで、その由来をお話していきますね。

 

時代は楚の時代まで遡ります。

その当時中国では、国王の側近であった、とっても信頼のおける、

屈原(くつげん)という詩人がいました。

 

陰謀によって国を追われてしまったのですが、

その後、未来に失望してしまった屈原は、5月5日に川へ身を投じてしまったのです。

 

その後、この屈原のために、5月5日には、

もち米をお供えものとして、川に投げ入れるようになりました。

 

ただ、この投げ入れているお供えものは、幽霊からの伝えによると、

屈原に届かずに、悪い龍に横取りされてしまっていると言うのです。

 

そこで、その悪い龍が嫌いだという、

煉樹(れんじゅ)の葉で包んで、投げ入れるようになったそうです。

 

そのことから中国では、

5月5日には粽を作って配るという習わしが生まれました。

 

これがのちに、奈良時代の日本に伝わり、

5月5日に粽をだす⇒災いを除くという風習が定着していったのです。

 

その時代の文化というのは、まずはじめに京の都に伝わったので、

関西では粽という風習が出来たのですね。

 

粽というのは、関西の人にはなじみが深く、

厄除けとして、玄関先に飾ったりもするんですよ。

 

本来は煉樹の葉で包んだもち米でしたが、

保存も効き、殺菌効果のある笹で包むようになりました。

 

また、余談ですが、関西では柏の生産が少なかったため、

柏餅が定着しなかった、という見解もあるそうですよ。

 

まとめ

柏餅も粽も、こどもの日に食べるものですが、

由来や意味によって、

関東と関西で定着している違いがあるのは、とても面白いですよね。

 

今は全国どこでも食べられますが、

そんな今でも、まだまだ違いがあるということも凄いことだと思います。

 

こどもの日には、柏餅や粽、また菖蒲なども、

スーパーでも売られるので、行事を楽しむことが出来ますよね。

 

お菓子売り場なんかでは、3月3日の桃の節句(ひなまつり)が終わると、

お菓子つきの鯉のぼりも、見かけるようになります。

 

ぜひ、こどもの日には、柏餅や粽を食べながら、

1年に1度しかない行事を楽しんで下さいね☆

 

もし、住んでいる地域によって馴染みのない、

柏餅や粽を食べたことがない人は、

こどもの日を機会に、食べてみてはいかがですか(^-^)

 

また、子供の日に関連する他の記事も書いていますので是非読んで頂けたらと思います。

こどもの日に菖蒲湯ってどうして?由来や正しい菖蒲の入れ方は? | 快活info (kaikatsublog.info)

 

菖蒲湯は関西では入る?入らない?子供の日の関東との風習の違いは? | 快活info (kaikatsublog.info)

 

五月人形は受け継いでいいの?それとも悪いの? | 快活info (kaikatsublog.info)

 

五月人形の出しっぱなしは良くないの?兜の片づけ時期はいつ? | 快活info (kaikatsublog.info)

 

鯉のぼりの由来と意味を子供に説明できるよう分かり易く紹介! | 快活info (kaikatsublog.info)

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました