夜泣きはいつから始まった?そしていつまでが平均?

スポンサードリンク

この記事を見つけたママさん!!

 

もしかして、夜泣きに悩んでいますか?

ツライですよね…。

まずは、毎晩お疲れ様です。

 

ある日突然始まり、そして終わりの見えない夜泣き…。

 

この春に小学生になる我が家の長女も、

本当に、夜泣きが「酷過ぎる」と言える子でした。

 

毎日毎日、夜が来るのが怖かったし、

いつ起きるのかと、ビクビクしていたように思います。

 

あの頃の私は、ちゃんと睡眠が取れていたのか?

いったい、どのくらい寝れていたんでしょう…。

考えるとゾッとします…(^_^;)

 

一晩中抱きかかえて、

そして朝を迎える…なんてことも頻繁にありました。

 

当時のわたしも、色んなことを調べて、

出来ることは全部やってみました。

 

最終的には子供の性格によって、違うのかもしれませんが…。

 

この記事では、夜泣きに悩んでいるママさんに、

少しでも、お子さんに合う、夜泣き対処法が見つかるといいなと思います★

 

スポンサードリンク

夜泣きはいつから始まった?

そもそも夜泣きはいつくらいから始まるものでしょう?

 

もちろん、赤ちゃんにもよると思うのですが、

だいたい6カ月ごろという子が多いように思います。

 

子育てをしていると、いろいろなところで、

「魔の3週間」とか「魔の3カ月」と言う言葉を、

聞いたことはありませんか?

 

赤ちゃんの成長が劇的に変化し、発達する時期を、

こう呼ぶようです。

 

それは生後3週間ごろ、3カ月ごろと、

3カ月周期で、やってくる子が多いようですよ。

 

きっとこのくらいのサイクルで、赤ちゃんのお世話の大変さが、

変化するのだと思います。

 

ちょうど離乳食を始めたりして、成長や発達が著しく変化をするので、

6か月ごろに、夜泣きが始まる赤ちゃんが多いのではないでしょうか?

 

夜泣きはどんな感じ?

では、夜泣ってどんな感じなのでしょう?

 

なんとなく、これが夜泣きなの?と、

思っているママもいるかと思います。

 

夜泣きとは、

特に理由はないけれど、夜間に赤ちゃんが泣くこと

を言います。

 

夜泣きって、原因が分からないというのが、

悩むポイントなんですよね…。

 

そして、夜に寝られないという、

親の睡眠不足もツライですよね…。

 

日中や寝る前には、機嫌もよく元気だったのに、

夜中に突然、理由もなく泣き始める、というのが夜泣きです。

 

絶対にやってはいけない夜泣き対策

では、毎晩いつくるか分からない夜泣きに、

やってはいけない対策などは、あるのでしょうか?

 

結論から言うと、やってはいけない対策はないんです!

 

赤ちゃんの性格も違うので、これをやったらダメって言うものはないんですよ。

 

むしろ、色々なことを試してみて、

お子さんにあった対処法を探すと良いと思います★

 

夜泣きの対処法

では、夜泣きの対処法には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

わたしが当時、長女に試してみた対策法もご紹介します♪

 

まずは授乳

6か月くらいになると、おなかが空いて泣く、

という子は少なくなってくるかと思いますが…。

 

おなかが空いてるか、空いてないかとか関係なく、

まずは授乳をしていました。

安心して、そのまま寝入ることもあるかと思います。

スポンサードリンク

※今思えば、何回も起きるのって、

逆におなかがいっぱいだったのか?とも思いますが(^_^;)

 

ひたすら抱っこ

抱っこも縦抱きがいい子、横抱きがいい子とさまざまだと思いますが、

抱っこをひたすらして、ゆらゆら揺れていました(^_^;)

 

わたしの周りでは、抱っこひもに入れて、

ゆらゆらするという子もいましたよ★

 

明るくして1度起こす

よく、夜泣きは夢を見ているとか、

寝ぼけているんじゃないの?と、言われることもあるかと思います。

 

寝ぼけて泣いているかも?と思ったら、

1度明かりをつけて、完全に起こして遊ばせる

という対処法もあるようです。

 

ただ、これは付き合うママやパパの体力勝負だと思います(^_^;)

パパが休みの前の日とかに、

チャレンジすると良いかと思います。

 

雑音をきかせる

スーパーの袋をくしゃくしゃにさせる音が、

赤ちゃんがお腹の中にいる時の音に似ていて、

落ち着くと聞いたことはありませんか?

 

泣き始めたときに、まずはくしゃくしゃさせて音を聞かせていたりしました。

一瞬泣きやむんですよね(^_^;)

そのまま、泣きやんでくれることを願いたいものです。

 

以上、4つほど対策を紹介してきました。

 

ただ、対策法とは、これをやれば絶対に泣きやませられる!というものではないので、

お子さんに合いそうなものを、色々試してみて下さいね★

 

夜泣きはいつまで続くの?平均は?

毎晩ツライ夜泣き…。

一体いつまでこんなのが続くの~!と思っているママも多いですよね。

 

睡眠って本当に大事で、

睡眠不足が続くと、正確な判断が出来なくなるのですよね…。

とにかく本当に気力も体力も無くなるのが、夜泣きだと思います。

 

そんな夜泣きですが、平均的には、

1歳から1歳半くらいが多いようです。

 

そのころには歩いたりする子も出てきて、

日中元気に身体を動かして、身体も疲れるので、

夜はぐっすり眠れる、というサイクルになるのかもしれません。

 

また夜間の授乳をやめた、または卒乳や断乳で、

夜泣きも終わったという子も多いです。

 

我が家の長女は、最初にも書きましたが、

本当に夜泣きが酷く、わたしの体力と気力が続かなかったので、

思い切って、夜間断乳をしてみました。

 

結果的に、わが子にはそれがあっていたのか?

断乳で夜泣きはおさまりました。

 

先輩ママさんに相談もしましたが、

みんな「いつまでも続くものじゃないよ~」という答えが多くて…。

 

それは分かっているんですけどね(^_^;)

今がツライから、今の対処法をなにか教えて~という気持ちでした。

 

断乳については、賛否両論ありますよね。

ただ、他の人の意見は関係なく、

わたしは、自分(ママ)が、1番良い方法で子供に向き合える選択をすれば、

それが正解なんじゃないかなと思いますよ♪

 

まとめ

何も理由が分からなくて、ツライのが夜泣きですよね。

 

毎晩わけも分からず泣いている子の対応をするって、

本当に気が滅入りますよね…。

 

長女も、夜泣きはするし、昼間も昼寝はしないし、

いったいあなたはいつ寝るの?と思いながら過ごしていました(^_^;)

もちろん、わたしも寝れませんしね…。

 

夜泣きの対処法は、本当に人それぞれです。

正解はないんですよ★

これをやってはダメということもありません!

 

だから、色々試してみて、無理もしないで、

ママと赤ちゃんにとって、本当に良い対処法が見つかることを願っています。

 

人と比べなくてOKですよ♪

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 

タイトルとURLをコピーしました