早生まれの子は保育園に途中入園できるのか?

スポンサードリンク

保活」という言葉を聞いたことはありますか?

働いているママにとって、

保育園を探すという活動は、まさに妊娠中から始まります。

 

よく、「保育園激戦区」なんていう言葉も聞きますよね。

 

そのような地域や、

市町村によっては、出生前に申請できる保育園もあるので、

産休に入ってから、保育園見学に行く方も増えてきました。

 

労働基準法では、産後8週間の休業が義務付けられています。

そして、ほとんどの認可保育園では、

子供の受け入れは、生後57日以上となっているようです。

※保育園によっては、月齢が○か月以上になってから、

としている園もあるようです。

 

認可保育園の保育園の申し込みは、

だいたい10月~12月ごろになってるため、

早生まれの子の途中入園は、できるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

早生まれの子の保育園 途中入園できるの?0歳児~2歳児の年齢別

結論からお話すると、

早生まれの子の保育園の途中入園は、年齢別によって難しさがあるようです…。

 

ここでは、早生まれの子の途中入園の難しさを、

0歳児~2歳児の年齢別でみていきたいと思います。

 

0歳児

先ほどの生後57日以降の受け入れでみてみると、

4月入園の場合は、だいたい2月あたま(または1月中)がギリギリの入園となります。

 

そのため、それ以降に生まれた子は、途中入園の申請が必要となります。

 

空き状況は、本当に地域差が大きいのですが、

やはり途中入園は難しい地域も多いようです。

 

生後3カ月以降や、6カ月以降などの園もありますので、

早生まれの途中入園に関しては、

0歳児が1番難しいのではないかなと思います。

 

1歳児

保育園に確実に入園させるなら、0歳児中!

スポンサードリンク

と言われるくらい、1歳児入園は1番倍率が高い年齢になります。

 

1年の育休あけから…というママも多いのが1歳児入園です。

 

ただ、早生まれだからという点では、

途中入園での不利なところはないと思います。

 

2歳児

2歳児入園は、0歳児1歳児よりは倍率が下がるようです。

 

2歳児クラスの空きが少ない、などという問題もあるそうですが、

1歳児入園と同じく、早生まれでの不利な部分はないと思います。

 

早生まれの子を保育園に入園させる方法

では、早生まれの子を入園させるには、どのような方法があるのでしょうか?

 

まずは、やはり0歳児クラスに途中入園したい場合は、

妊娠中から保育園探しを始め、

妊娠中でも申し込める保育園や、認可外保育園を検討することをおススメします。

 

途中入園が厳しい0歳児ですが、

年度代わりに転勤する家庭もあり、

空きがでる場合もあるので、諦めないで聞いてみると良いと思います★

 

早生まれの子を持つママ、育休延長で気をつけたいこと

しかしながら、調べれば調べるほど、

やはり早生まれの途中入園は難しいのかなと思ってきますよね。

 

もし、入園が出来ずに迷っている方は、育休を延長する方法もあります。

 

育休は1年というわけではなく、最長2年まで伸ばすことが出来ます。

この方法なら、1歳の誕生日を迎えたあとの4月入園を目指すことが出来ますよ★

 

注意点は、1年一気に延長できるというわけではなく、

6か月ずつの延長となっていますので、

延長申請の期間を間違えないようにして下さいね。

 

まとめ

早生まれの子の保育園入園問題は、妊娠中から始まっているのですね。

ずっと言われている待機児童の問題なども、

なかなか解消されていないようなので、とても大変だと思います。

 

働きながらの保活は大変だと思うので、

育休期間を利用して、保育園の見学に行ったり、

認可外保育園の検討もしてみると良いかもしれません。

 

ただ、入園できなくても諦めないで、

育休延長の制度を利用したりして、

お子さんと保護者の方にとって、良い保育園に入園できると良いですね★

 

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました