「ほうれい線」ができる原因と目立たなくする方法


多くの女性が気にする「ほうれい線」

やはり、ほうれい線が目立つようになると

老けて見られてしまいます。

では、ほうれい線は何故できてしまうのか?

ほうれい線ができてしまう原因と

目立たなくする方法を紹介します。

スポンサーリンク

何故できる「ほうれい線」


ある程度、歳をとると女性が気にするのが、

「ほうれい線」です。

やはり歳をとると肌のハリがなくなり

たるみがでてきます。

自然なことなのですが、

そのたるみが原因で小鼻から口元にかけて

できてしまうシワが「ほうれい線」なのです。

ほうれい線ができやすくなる生活習慣


ほうれい線も生活習慣の影響によって

早くできやすくなります。

これから紹介する生活習慣を積み重ねてしまうと

ほうれい線ができる危険度が高まってしまいますので

注意して下さいね!

紫外線

紫外線を過度に浴びてしまうと

シミやソバカスができる原因になるといわれていますが、

肌のたるみやシワもできやすくなってしまいます。

夏場でなくても日差しの強い日には日焼け対策を

しっかりするようにしましょう。

乾燥

肌が乾燥しているとシワができやすくなります。

特に眼尻や口の周り、額などは肌が薄くできているので

シワができやすい場所です。

乾燥肌の人や空気が乾燥する季節などは

シワができやすい場所の保湿を忘れないようにしましょう。

甘い食べ物

多くの女性は甘い物が好きですよね?

しかし甘い食べ物は肌の弾力を無くしてしまう

つまりハリを無くしてしまいます。

よく肌にはコラーゲンが良いといわれていますが

この甘い物、糖分はコラーゲンを吸収してしまう為に

糖分を多く摂れば摂るほどコラーゲンが失われていき

肌のハリを無くしてしまいます。

いくら甘い物は美味しいからといっても

シワ、ほうれい線が気になる人は

甘い物を摂取する機会を減らす必要がありそうです。

ダイエットを繰り返す

太ってしまったからダイエットをする

夏が近づいてきたらダイエットをするなど

ダイエットも女性の永遠のテーマです。

しかし、このダイエットもほうれい線には

悪い影響を与えます。

太ったり痩せたリを繰り返すことで

肌の緩み、たるみが生まれてしまいます。

若い世代なら肌も縮みますが

歳を重ねていくとそうもいきません。

肌がたるむことで、

ほうれい線ができやすくなってしまいますから

ダイエットによる太る痩せるを繰り返すことは

なるべくしないほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

ほうれい線への対策


ほうれい線への対策は前章で紹介した

生活習慣を改善することから始めていきましょう。

長年の生活習慣の積み重ねが現在の結果に繋がっています。

ほうれい線の改善対策も今までの生活習慣を改善し

こつこつと積み重ねていくことが未来の結果に繋がります。

また、肌のハリ・潤いを保つために

保湿とマッサージはいい加減ではなく

丁寧に行うことも必要です。

マッサージをする際は

下から上に下から上にを繰り返し行うのがコツです。

まとめ


今回は「ほうれい線」ができる原因と対策を紹介しました。

ほうれい線は老け顔に見えてしまう代表的な悩みの1つです。

今回紹介したほうれい線をできやすくしてしまう生活習慣の

改善が一番の最重要課題だといっても過言ではありません。

悪い生活習慣を変えずに保湿とマッサージだけで

ほうれい線が目立たなくなる、消えることはありません。

生活習慣の改善をできることからコツコツと行い

ほうれい線を目立たなくする対策をしていきましょう。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です