々の読み方や出し方、そして変換の仕方は?コレでモヤモヤ解消だ!


普段の生活の中でアレ!これって何だっけ?

と思いながらも何とかその場を乗り切ると忘れてしまい再度同じ場面に出くわすとアレ!何だっけ?

となることがありますよね?

私自身もアレ!これ何だっけ?で先延ばしにして長い間モヤモヤしていたものがあります。

それは「々」という漢字?文字?記号?です。

普段使いでは「国々」「人々」「段々と」「次々に」「度々」など多く使う機会があります。

名前なんかだと「津々井さん」「加々谷さん」「寿々木さん」など読めたり読めなかったりする場面にでくわします。

今回はこの「々」がいったい何なのか?読み方は?スマホやパソコンなどで入力する時の出し方、変換方法などを紹介します。

スポンサーリンク




々は漢字?いったい何なのか?


まずはこの「々」はいったい何なのか?を説明します。

私は漢字なんだとず~と思っていましたが間違いでした。

この「々」は実は記号だったのです!

同じ漢字を繰り返す時に使う記号なのです。

記号としての名前は「踊り字(繰り返し記号)」といわれています。

々の読み方は?


では、この「々」の読み方を知りたいですよね?

ですが残念ながら読み方は存在しないのです。

無いんです!

先にも説明しましたが記号であって前にある漢字を繰り返す時に使うものなので前の漢字によって読み方が変わってしまいます。

スポンサーリンク




々の出し方、変換の方法とは?


スマホやパソコンなどで「々」の出し方と変換の方法を紹介します。

下記の言葉をひらがなで入力して変換すれば「々」は出てきますよ!

・おなじ

・どう

・くりかえし

※私のスマホだと「おなじ」と「どう」は変換すると「々」は出てきましたが「くりかえし」では出ませんでした。

パソコンでの入力だと「おなじ」「どう」「くりかえし」で変換すると「々」は出てきました。

まとめ


今回は「々」について文字なのか?記号なのか?読み方は?スマホやパソコンなどで入力する時の出し方、変換方法を紹介しました。

まとめると「々」は

・記号でした

・読み方はありません

・スマホ、PCで入力する場合は「おなじ」「どう」「くりかえし」とひらがな入力して変換すると出てくる

です。

以上で「々」のモヤモヤが払拭されたと思います。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です