あくびが止まらない!原因と対処法


学校の授業中や職場でのデスクワーク、会議中など、

あくびをしてはいけない時にあくびが止まらない!

このような症状で困ったことはありませんか?

あまりに、あくびを何度もしていると

周りの人からも緊張感が無い、授業や仕事に集中していない、

やる気がない、などとマイナスな印象を与えてしまいます。

今回はあくびが出てしまうメカニズムと

あくびが出ないようにする対処法を紹介します。

スポンサーリンク

何であくびが出るのか?


医学的にあくびが出るメカニズムは証明されてはいません、

しかし脳の働きが関係していることは間違いないらしいです。

ただ、緊張した場だったり集中しなければいけない場で

つまらない、退屈だ、無駄な時間だなと思い

気が緩んだ状態の時にあくびは多くでます。

頭の中ではしっかりしなければいけない、

気持ちはつまらない、の2つの意識が存在し

脳がちゃんとさせよう集中させようとして

出る症状があくびです。

その証拠に夜ベッドに入って目をつむり

寝る状態の時にあくびは殆ど出ませんよね?

寝る状態の時は脳も寝て良い、

気持ちも寝て良いと思っていて

2つの意識共に寝て良い状態になっているからです。

このようなことから

脳と気持ちの意識が違う方向を向いてしまっていると

あくびが出てしまい、

双方の意識が同じ方向を向いている時には

あくびは出ないといえます。

あくびを出なくする対処法


あくびをしてはいけない場所なのに

あくびが出てしょうがない時に

あくびを出ないようにする対処法を紹介します。

してはいけないと思わない

前章で2つの意識の説明をしました。

説明の通りで学校での授業中や会社での会議中などで

あくびが多くでるようになってしまったら

「あくびをしてはいけない!」とは思わずに

敢えて「あくびをしてもよい!」というように

思うようにしてみて下さい。

身体に刺激を与える

あくびが出そう、出始めたと思ったら

お尻や腿を抓ってみたりして身体に刺激を与えてみましょう。

痛みへの意識に変わるので

あくびを出なくすることができます。

また、休憩時間などにわざとトイレに行ってみたりと

身体を動かすことで身体と脳に刺激を与えることができます。

スポンサーリンク

疲れている?

脳と気持ちの意識の違いからのあくびではなく

単に疲れていたり、寝不足が原因であくびが出る場合には

お昼休みなどを利用して5分でも10分でも仮眠をとるようにして下さい。

興味の意識を変える

授業中や会議中など

どうしても集中できない興味が持てずに

あくびが出てしょうがない時は

違う物に興味の意識を変えましょう。

どちらにしろ、あくびが出てしょうがない状態であれば

集中しなければならない主題は頭に入らないでしょう。

であれば、すこし主題をずらしてしまって

興味が持てる部分に意識を変えてしまいましょう。

まとめ


あくびが出るメカニズムと

あくびが出てしまい困ってしまっている時の

対処法を紹介しました。

脳と気持ちの2つの意識が今回のキーポイントでした。

この2つの意識を上手くコントロールできれば

あくびもコントロールすることができます。

是非、学校での授業や職場での会議などで

あくびが出て困る時には今回の内容を実践してみて下さい。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です