愛犬の日が5月13日になった由来とは?英語では何ていうの?


昨今のペットブームの中でやはり人気といえば犬ですよね!

昔は番犬として犬を飼っていた感じですが現在では家族の一員として家の中では勿論、外出時も家族と一緒にお出かけする犬も増えています。

それに伴い犬を連れていける施設なども増えています。

そういったことからも愛犬家の人が増えているのですが、「愛犬の日」という日があるのをご存知でしょうか?

私もつい先日まで知らなかったので調べてみました。

そこで今回は愛犬の日について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




5月13日が愛犬の日の由来


愛犬の日は5月13日です。

なぜ5月の13日なのかというと戦後に愛犬家の人向けに出版されていた「愛犬の友」という雑誌がありました。

出版していた雑誌社、誠文堂新光社が主催した犬のイベント開催の日が5月13日だったことから愛犬の日が5月13日になったといわれています。

愛犬の日がジャパンケンネルクラブ設立の日はウソ!


愛犬の日が定められた5月13日はジャパンケンネルクラブが設立された日だといわれていますが、その情報は間違っています。

ジャパンケンネルクラブ(旧全日本警備犬協会)の設立日は9月1日です。

5月13日の愛犬の日となったのもジャパンケンネルクラブは関係なく雑誌「愛犬の友」を発行していた誠文堂新光社が主催した犬のイベント開催の日だったのです。

スポンサーリンク




ジャパンケンネルクラブとは?


ジャパンケンネルクラブとは何ぞや?と思われる方も多くいるかもしれないのでご紹介します。

ジャパンケンネルクラブ(旧全日本警備犬協会)は1948年(昭和23年)に設立された団体です。

主な活動は

・血統書の発行

・訓練士、トリマーなどの資格管理

・災害救助犬の育成

・犬種の管理

・ドッグショーのイベント企画及び開催 などです。

愛犬の日を英語でなんていう?


愛犬の日を英語で伝えるには何て表現したら良いのか迷いますよね?

普通に伝えるのであればDog day やDog’s dayで大丈夫です。

ただ愛犬と表現するのであればpet dog my beloved dog となります。

まとめ


今回は愛犬の日について日にち、由来、英語と紹介しました。

由来の部分では間違った情報が独り歩きしてしまっている状況もあるようです。

普段から可愛がっている愛犬ですが5月13日はそんな愛犬に「いつも癒しをありがとう」という気持ちをもって接してあげたら良い日なのではないのかなと思います。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です