口臭の原因がわからない人に原因別に対処方を公開


友人や職場の人、家族やあなたの大切な人などに

「口が臭い」って思われていないか?

自分の口臭が大丈夫かどうか

気になる時がありますよね?

日常生活で多くの人とコミュニケーションを取る訳ですから

口臭には気を付けたいですね。

今回は口臭の原因がわからない人に

原因別に口臭の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

自分で口臭をチェック


正直な話、

自分の口臭が臭いのかどうか分かりませんよね?

余程臭うようであれば

家族の人が指摘してくれるかもしれませんが、

大抵の場合は指摘されないと思います。

ですが本当に口臭が臭いのであれば

周りに迷惑になりますから、

しっかりと対処する必要があると思います。

まずは自分でできる

口臭のチェックの仕方を紹介します。

1.両手で口を覆うようにし息を吐いて下さい、

吐いた息を今度は鼻でかいで確認してみて下さい。

2.歯間ブラシ、糸ようじ、フロスなど

歯と歯の間を掃除してくれる道具をつかい

摂れた歯に着いた汚れの臭いを確かめて下さい。

上記2つで自分の口臭は大体チェックすることが

できるでしょう。

因みに睡眠中は分泌される唾液の量が少ないので

雑菌が口の中で増えてしまいます。

そういったことから

目覚めた時の口臭は臭いがちになります。

原因別の口臭


口臭といっても色々な原因が挙げられます。

具体的にどのような原因があるのか紹介します。

1.臭いの強い食材を食べた

2.口の中の菌

3.歯間などに残った汚れ

4.溜まった歯垢

5.口の乾き

6.ブリッジや入れ歯などの汚れ

7.口臭ではなく胃や腸からの臭い

効果が得られる対処法


効果が得られる口臭ケアを紹介します。

口の中が原因だったら

歯ブラシをする時に

歯、一本一本と

歯と歯茎の境目を丁寧に磨くよう

意識してみましょう。

歯磨き後に歯間ブラシや糸ようじで

歯間も掃除するのを忘れないで下さい。

歯は思った以上に汚れているものですよ!

もし口がよく乾くことで

口臭が気になる人であれば

なるべく水分を摂るようにして

常に口の中が潤っている環境にして下さい。

内臓不調が原因だったら

胃や腸の不調が原因で口臭が臭う場合もあります。

その際には何か病気かもしれませんから専門医に

診てもらうことをお勧めします。

食事が原因だったら

食べた物が原因で

一時的に口臭が臭おう場合があります。

食べ物が原因であれば

食後に歯磨きができれば歯磨きをお勧めしますが、

水で口を濯ぐだけでも効果はあります。

また、市販の口臭ケア商品を利用すれば

口臭を抑えることができるでしょう。

スポンサーリンク

口臭予防の対策


日頃、口臭を自分で予防するには

朝晩の丁寧な歯磨きは当然ですが、

食後に洗面所などで水で口を濯ぐことを

お勧めします。

また、歯ブラシは一ヶ月使ったら買い替えるのが

良いといわれています。

歯ブラシの毛先が横に広がってしまうと

しっかりと磨けなくなります。

歯医者さんには半年に一度の間隔で

定期健診に行き虫歯の点検とクリーニングを

してもらうのも大事な口臭予防になります。

まとめ


口の中の環境が清潔に保っていないと

口臭の原因になります。

朝晩の歯磨き、

できれば昼食後にもですが

できない場合でも水で口を濯ぐだけでも

大きく違います。

また、定期的に歯医者さんにいき

虫歯検診とクリーニングをしてもらえば

胃腸の不調による口臭でなければ

口臭を防ぐことが可能でしょう。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です