機内に持ち込みできるスプレーとは?知っていれば没収されない!


飛行機に乗って旅行や出張など遠出をする際に持っていって大丈夫なのか迷うのがスプレー系のものですよね?

正直な話どんなスプレーは良くて、どんなスプレーが機内に持ち込めないのか分からない人は多いと思います。

最近では安全の為に持ち込める物の規制や搭乗前の検査も厳しくなっています。

滞在先で使おうと思って持ち込んだスプレーが実は機内に持ち込めなくて没収なんてことになったら何の為に持ってきたのか?

意味の無いことになってしまいます。

今回は飛行機に乗って遠出をする際に機内にスプレーを持ち込む際の注意点などを紹介します。

スポンサーリンク

旅行や出張などで持っていきがちなスプレーとは?


まず飛行機に乗って遠出をする際に持っていきがちなスプレー商品はどんな物があるでしょうか?

基本的には普段の生活の中で使っている物が多くなると思います。

何点か例を挙げてみましょう。

ヘアースプレー、保湿スプレー、香水、虫よけスプレー、脇の臭いを抑えるスプレー、衣類の臭いを消すスプレー、除菌スプレー、筋肉疲労や打身などに使うスプレーなどがあると思います。

また、スポーツをされる場合に道具の手入れに使うスプレーなどもありますね!

簡単に思いつくスプレー商品を挙げましたが人それぞれで色々なスプレー商品を普段の生活の中で使っていますから滞在先でも当然使いたいと思われることでしょう。

ですが、飛行機には機内に持ち込めるスプレーと持ち込めないスプレーとがあります。

次の章から詳しく説明していきます。




機内持ち込みも預けることもできないスプレーとは?


飛行機に乗って遠出をする際に持って行きたいけど持っていけない、機内持ち込みやチェックインカウンターで預けることもできないスプレーがあります。

どんなスプレーかというと画像のようにスプレーの注意書きの所に「火気と高温に注意」と書かれているスプレーです。

引火性ガスや毒性のあるガスを使用しているスプレー、工業用のスプレーなどが飛行機に乗る際に機内持ち込みも預けることもできないので注意して下さい。




機内持ち込みはできないが預けることができるスプレーとは?


スプレー商品の中でも機内に持ち込むことはできないがスーツケースに入れてチェックインカウンターで預けることができるスプレーがあります。

そのようなスプレーは注意書きの所に「高温に注意」と書かれているものでスプレーに使われているガスが非引火性のものになります。

飛行機の荷物を載せる場所自体が高温になることが基本的には無くスプレーの中のガスも引火性では無いことから預けることができます。

スポンサーリンク

機内持ち込みできるスプレーとは?


それでは機内持ち込みできるスプレーとはどんな物になるのか紹介していきます。

まずは基本的にスプレーの注意書きに「火気と高温に注意」「高温に注意」の表示が無い物になります。

化粧品類のスプレー、虫さされなどの痒みや炎症を抑えるスプレーは条件をクリアーしていれば大丈夫です。

その条件はというと?

・1つのスプレー容器のサイズが500ミリリットルまたは500グラム以下

・機内に持ち込めるのは1人あたり2リットルまたは2キロ以下

になりますので事前のパッキング準備の際に確認しておきましょう。

また下の画像のようにバッグの中で何かの力によってスプレーが噴射しないようキャップがある、キャップが無い場合でも噴射しないようにしてある物が条件になりますので合わせて注意して下さい。




まとめ


機内に持ち込みできるスプレー、持ち込めない、預けることもできないスプレーなどを紹介しました。

基本的には普段の生活の中で使う化粧品系のスプレーや医薬品スプレーなどは条件をクリアーしていれば機内に持ち込むことができるのが分かって頂けたと思います。

航空の安全上で年々規制が厳しくなっていますので少しでも疑問、心配がある場合には事前に搭乗する航空会社に確認することもおすすめします。

また、関連記事で

機内への持ち込みカミソリはできますか?規定や注意点を紹介します!

機内への持ち込みバッテリーは大丈夫?分かり易く説明しました!

機内へ持ち込みできる化粧品と注意したい規定量とは?

も書いていますので参考までにお読み頂ければと思います。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です