カタログギフトで何を選ぶか迷った時の注意点とお得な商品の選び方!


お祝い事などのお返しに多く選ばれるのがカタログギフトです。

お祝いを頂いた方へのお礼の気持ちとして好みの商品を選んで頂きたいということからカタログギフトが選ばれるようになりました。

しかし、このカタログギフトですが丁度欲しいと思っていた商品があれば良いのですが多くの人がどの商品を選んだら良いのか?何を選んだら得なのか?迷ってしまうようです。

今回はカタログギフトの商品選びに迷ってしまった時にどんな商品を選べば得なのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

カタログギフトの種類は定番と専門がある


カタログギフトには色々なジャンルの商品が含まれた定番カタログからグルメ専門、体験型専門、結婚祝い専門、出産祝い専門など豊富な種類のカタログギフトがあります。

一般的に多くの人が受け取るカタログギフトは定番の幾つかのジャンルが含まれたカタログギフトだと思います。

お返しする側としては幾つかのカテゴリーがあった方が受け取った人の好みで商品を選びやすいし無難な点から一番選ばれるカタログのようです。

内容としては

・有名ブランドの生活、スポーツ、雑貨商品やスイーツ

・レストランや料亭のグルメ商品

・旅行券、お食事券、体験型レジャー券

などになります。

商品の価格帯も¥1,200 ~ ¥100,000代まで幅広くあるようです。

お返しする側の人が受け取った金額によってカタログギフトが変わってきます。

一般的に多くの人が受け取るカタログギフトの商品価格帯は\3,000から¥10,000といわれています。

そして一番商品を選び辛い価格帯ともいわれています。

カタログギフトの商品を選ぶ時の注意点


ここではカタログギフトの商品を選ぶ時に後から後悔しない為の注意点を幾つか紹介します。

商品の価格をチェック

多くの種類から商品を選べるのがカタログギフトの楽しみともいえます。

折角選ぶのであれば少しでも得な商品を選びたいと思うのが悲しいかな人の性でしょう。

現代ではスマホやパソコンを利用すれば商品の価格は直ぐにネット上で調べることができます。

商品価格で後悔したくない場合には是非チェックしてみましょう。

商品の口コミ評判をチェック

カタログギフトの中からこの商品良さそうだなと思ったら楽天やアマゾンなどで同じ商品を検索して既に商品を購入している人達の口コミや評判を確認するようにしましょう。

高評価を得ている商品であれば選んで後悔は無いと思います。

評価が低い商品であれば他の商品を選ぶことをおすすめします。

グルメ商品の落とし穴

カタログギフト選びで失敗しがちの1つがグルメ商品です。

国産和牛や海産物などカタログに掲載されている画像を見る限りでは量が多そうに見えます。

必ず詳細説明のところに記載されているグラム数を確認するようにしましょう。

届いてから「えっ 少な!」て思ってしまわないように要チェックポイントです。

スポンサーリンク

カタログギフトのお得な商品の選び方


カタログギフトでお得だったなと思える商品の選び方を紹介します。

自分では買いたくないけど必要な物

普段の生活を送る上では必要が無いのだけれどもたまに無いと困る物ってありますよね?

私の場合はスーツに合うビジネスバッグです。

普段はスーツを着る必要がない職に就いている為ビジネスバッグは必要ないのですが年に数回スーツを着ることがあります。

そんな時に活躍してくれるのがカタログギフトで選び頂いたビジネスバッグです。

普段は全く必要ない物なので自分で買うことに抵抗を感じているので今でもあの時に選んでおいて良かったなと思っています。

きっとあなたにもその様な商品があるはずです!

視点を変えて考えてみると必要な商品が見つかると思いますよ!

生活で中で毎日使う物

カタログギフトの商品選びで迷っている欲しい物が見つからないと思っているなら生活の中で毎日使う物を選ぶのもコツです。

タオルなどの交換頻度が高い物やコーヒーカップ、お箸や茶わんなど日々の生活の中で毎日使う物は無くなると意外と困るものです。

ストック用として用意しておけば今使っている物が使えなくなった時に新しい物を買わずに済みますからね!

カタログギフトが期限切れしてしまったら?


カタログギフトの商品選びで欲しい商品が決まらず暫く放置していたら期限が切れてしまった場合にはどうすれば良いのかを説明します。

カタログ会社によって対応は違うようですが期限が過ぎていても多くの会社は対応してくれるようです。

カタログ会社に電話やメールを入れて確認してみるのが一番良いのですが期限が過ぎてからハガキを送った場合にどの様な対応をしてくれたのか例をあげて紹介します。

・期限を過ぎてからハガキを送ったが希望の商品が届いた

・期限が過ぎていて希望の商品が用意できないので改めて新しいカタログを送ってきた

上記が代表的な例です。

極まれにですが何の対応もないカタログ会社もあるようです。

ただ期限内に希望商品を記載したハガキを送らなかったのがいけなかった訳ですから対応が無いからといってクレームを入れたりするのは止めておきましょう。

カタログ会社によっては期限切れが近づいてくると電話や封書などでお知らせしてくれるところもあるようですし、期限間近になってもハガキが届かない場合には送る側の人が商品を選んで送る場合もあるようです。

まとめ


カタログギフトで何を選ぶか迷った時の注意点とお得な商品の選び方を紹介しました。

「自分では買わないけど必要な物」「毎日使う物で交換頻度が高い物や無くなると困る物」を選ぶのがお得な商品選びだと思います。

商品を受け取った方が満足してくれればカタログギフトを贈った方も嬉しいはずですから商品選びは慎重に行いましょう!

期限切れになっても殆どのカタログ会社が対応してくれますが贈ってくれた方に失礼になりますから早目の対応を心掛けましょう。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です