仕事が早い人の特徴・6つのポイント


職場や普段の生活のなかで

この人は仕事が早いな!と思う人っていますよね!?

同じ時間をお互い与えられているのに、

何故、自分より早く多くの仕事ができるのか?

どんなことに意識をすれば

同じように早く仕事がこなせるのかを紹介します。

スポンサーリンク

予定と計画を立てる


予め1日、1週間、1ヶ月できれば長期的に

仕事の目標を達成する為にやることを

予定と計画を立てるべきです。

ただ、日々のルーティンワークを

こなせばよいという意識では

予定も目標も無い訳ですから

1つの仕事が終わったら次に何をしようか?と考え

また終わったら次に何をしようか?と考えていては

効率が悪く仕事は早く進まないでしょう。

予め予定と計画、目標がハッキリとしていれば

仕事の進め方、やり方は変わってきます。

一日、一週間、一ヶ月と行う仕事のイメージを持ち、

予定と計画、目標を立て実行するようにしましょう!

次のこと、次の次まで考える


先にも書きましたが、

予定と計画、目標を立て実行することで

次にやるべき仕事が明白になります。

目的意識がハッキリしているので

予定、計画が立っていない人が次の仕事の事を

考えている間に既に次の仕事に取り掛かることができるのです。

既に先を見据えているので、

動きがスムーズに止まることがなく仕事が早く進むわけです。

振り分けをしっかりする


仕事が早い人は、

頭の中で仕事の優先順位の

振り分けがちゃんとできています。

全ての細かなことまでやっていては

時間がかかってしまい効率が悪くなります。

やはり予定、計画を立てて仕事の優先順位をつけ

その中でも肝心なことと、

そうでないことを振り分け仕事を進めるべきです。

この振り分けがしっかり出来る人が

仕事が早い人だったりします。

スポンサーリンク

無駄がない


仕事が早い人は、

予め予定と計画が立っているので

考え、行動とに無駄が起きにくい!

その結果が周りの人から

仕事が早く、デキル人のイメージを持たれるのです。

少し話は逸れますが、

予定、計画を立てて行動できる人は

私生活でも無駄な考え行動はしないのも特徴です。

自然にどうすれば一番効率が良いのか?

を考え行動しています。

一歩先をいく


仕事が早い!と周りの人に思われたいのであれば、

とにかく人より一歩先をいくことを意識しましょう!

そう意識し行動することで

いちいち次の仕事の指示をされることもなくなりますし、

催促されることもなくなるので自分のペースで仕事ができるようになります。

こうなれば周りも一目置く存在になります!

とにかく「一歩先をいく」を意識し行動することがポイントです!

周りの力に頼る


上手に仕事を進められる人は周りの力も頼りにします。

一人で仕事を進めようとすると、

仕事を早く進めるにも限界がありますし

ワンマンプレーになってしまい

へたをすると孤立してしまう恐れもあります。

仕事で躓いた時も一人だと

時間が掛ってしまうリスクがありますが、

周りの力を借りることで簡単に解決でき

時間短縮に繋がる場合もあります。

周りの協力を得るには

日頃、自分も周りに協力する必要があることを

忘れてはいけません!

まとめ


仕事が早くこなせるようになるには、

予め予定と計画、目標を立てることが必要です。

その計画を元に目的意識を持って

実践、行動していけば、

今までより仕事を早くこなしていけるでしょう!

また、職場で仕事が早い、デキルと評判の人の

考え方や行動を観察し参考にしてみるのも良いと思います。

今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です